人文社会科学をめぐって

 現在、日本の国立大学においては、文系学部・大学院(人文系、教育系、社会科学系を含む)の縮小・再編の波が押し寄せている。
それに大きく影響したのは、文部科学省が国立大学向けに出した人文系の組織再編を促す通知「国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて」(2015年6月8日)であったが、こうした動きは、国立大学法人評価委員会・総会(第48回)H26.8.4の資料「「国立大学法人の組織及び業務全般の見直しに関する視点」について」などへ、そしてさらにそれ以前に遡るものである。
 この資料には、次のよう文言が明記されている。
・「ミッションの再定義」を踏まえた組織改革
・教員養成系、人文社会科学系は、組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換
・法科大学院の抜本的な見直し
・柔軟かつ機動的な組織編成を可能とする組織体制の確立

 こうした動向を受け、この数年来、 人文社会科学系の学部があるかなりの国立大学が学部の再編や定員削減などを検討し、また実施へと動いている。京都大学でも、この動向を踏まえて議論と検討が進められ、それは、次の冊子としてまとめられている。

京都大学
『人を見つめるちから×社会を動かすちから──京都大学人文・社会科学の教育』
2017年3月。

 この冊子の冒頭に掲載の、北野正雄(教育・情報・評価担当理事・副学長)の「挨拶」では、次のように述べられている。
「・・・
本学はこれまで人文・社会科学系学部と大学院における養成する人材像と、その教育課程を積極的に発信することはありませんでした。しかしそのことが、自然科学分野との比較も相まって、人文・社会科学分野の専門性の生かし方に疑義を生じていることの一因であると自省しています。現在の京都大学には、本冊子で御紹介する教育組織のほかに、「文系」の大学院としては公共政策連携研究部/教育部(公共政策大学院)、経営管理研究部/教育部(経営管理大学院)、アジア・アフリカ地域研究研究科、総合生存学館(思修館)が設置されており、さらには人文科学研究所、経済研究所、東南アジア地域研究研究所などの研究所やセンターでも、「文系」の研究・教育支援活動が行われています。・・・しかし、今回は学部と大学院の両方を有している5つの専門教育の部局だけをとりあげ、教育の原点に立ち返り、養成する人材像と教育課程を明確にした上で、検証を行ってきました。
・・・」

この冊子の内容目次は以下の通り。

挨拶 (北野正雄)
刊行にあたって─現代課題に向き合う学生と「フンボルト理念」─ (川添信介)
人文・社会科学教育を何を生み出すか─京都大学のアプローチ─

「対話」が人を育てる─教育組織それぞれの取組─
文学部/文学研究科、教育学部/教育学研究科、法学部/法学研究科、経済学部/経済学研究科、総合人間学部/人間・環境学研究科

資料
1.学部/大学院 三つのポリジー
2.学部コースツリー/大学院コースツリー・カリキュラムマップ
3.研究、社会貢献、組織改革に係わる実績

 国立大学は国民の貴重な財産なわけであるが、現在の変容の方向は、国民にとって有益なのであろうか。
スポンサーサイト

黒人神学の動向2

 黒人神学の代表と言えば、ジェームズ・コーンが挙げられますが、続く世代の中で、有名なのが、コーネル・ウェストであり、著作の邦訳もなされています。従来の黒人神学の範囲を大きく超えた領域で積極的に発言し行動しているのが特徴であり、神学者と言うよりも哲学者という知られているでしょうか。今回取り上げるのは、すでに邦訳が『民主主義の問題』として存在するものですが、原著の方の目次は次のようになります。

Cornel West,
Democracy Matters. Winning the Fifht against Imperialism,
The Penguin Press, 2004.

1. Democracy Matters are frightening in our time.
2. Nihilism in America
3. The deep democratic tradition in America
4. Forging new Jewish and Islamic Democratic identities
5. The crisis of christian identity in America
6. The necessary engagement with youth culture
7. Putting on our democratic armor

Acknowledgements
Index

黒人神学の動向

 最近、授業などとの関係で、黒人神学について検討を行う中で、いくつかの文献を入手した。必ずしも、最近のものではありませんが、紹介します。

Theodore Walker, Jr.,
Empower the People. Social Ethics for the African-American Church,
Authors Choice Press,1991.

Abbreviations
Acknowledgements
Preface

Chapter One
Social Location, Social Ethics, and Black Theology

Chapter Two
Freedom as Empowerment

Chapter Three
The Ethic of Breaking Bread

Chapter Four
The Fruitful Multiplication of Righteousness

Chapter Five
Power to the People

Chapter Six
Servant of the People

Postscript
Index

 テオドール・ウォーカーに著作に最初に出会ったのは、Theodore Walker Jr., Mothership Connections. A Black Atlantic Synthesis of Neoclassical Metaphysics and Black Theology, State University of New York Press, 2004. であったが、これ以降の著作が確認できなかったので、時間を遡ってみた。黒人神学における教会的な民衆神学というべき議論である。

アフリカとキリスト教

 20世紀に急成長したことで、知られるアフリカ、特にサハラ以南アフリカは、21世紀に、キリスト教の中心的な地域として成長することが期待され、予想される地域である。キリスト教研究にとって、アフリカ研究の意味は少なくない。しかし、その一方で日本におけるアフリカのについてに知識、特にその歴史についての知識は決して十分ではないのが実情と思われる。現在の学校教育にこの点を期待することが現実的かは別にして、しっかりしたアフリカ史が必要なことは疑いもない。
 読みやすくしっかりしたアフリカ史、しかも通史として刊行当時話題になったのが次の文献である。アフリカのキリスト教について考えるにも、このあたりからスタートすることがよいのではないだろうか。

宮本正興・松田素二編
『新書アフリカ史』
講談社現代新書、1997年。

はじめに──アフリカ史に学ぶ

第Ⅰ部 アフリカと歴史
  第一章 アフリカ史の舞台
  第二章 アフリカ文明の曙

第Ⅱ部 川世界の歴史形成
  第三章 ザイール川世界
  第四章 ザンベジ・リンポポ川世界
  第五章 ニジェール川世界
  第六章 ナイル川世界

第Ⅲ部 外世界交渉のダイナミズム
  第七章 トランス・サハラ交渉史
  第八章 インド洋交渉史
  第九章 大西洋交渉史

第Ⅳ部 ヨーロッパ近代とアフリカ
  第一〇章 ヨーロッパの来襲
  第一一章 植民地支配の方程式
  第一二章 南アフリカの経験

第Ⅴ部 抵抗と独立
  第一三章 アフリカ人の主体性と抵抗
  第一四章 パン・アフリカニズムとナショナリズム
  第一五章 独立の光と影

第Ⅵ部 現代史を生きる
  第一六章 アフリカの苦悩
  第一七章 二一世紀のアフリカ

参考文献
執筆者紹介

 新書とは言え、参考文献まで含め、600頁近い文献であり、学ぶことが多い企画である。


ティリッヒ研究の動向

 久しぶりのティリッヒ研究の紹介です。
 京都大学のわたくしの演習では、昨年度よりアメリカ亡命期のティリッヒの講義録を取り上げていますが、これは、現在のティリッヒ研究の最新の動向の一つと言えるものです。前期ティリッヒから中期への思想展開をそこで分析することが可能であり、さまざまな新たな発見がなされています。といわれても、その内実はイメージしにくいと思いますが、わたりにくいかもしれませんが、まさにこの亡命期のティリッヒを扱った研究論集が刊行されました。現在のティリッヒ研究をリードする研究者が寄稿していますが、その分析力はどの程度でしょうか。

Christian Danz und Werner Schüßler (herausgegeben von),
Paul Tillich im Exil (Tillich Research 12),
De Gruyter, 2017.

Vorwort (Christian Danz und Werner Schüßler)

・Between two Worlds -- Paul Tillich im Exil (Christian Danz / Werner Schüßler)
  Einleitung

・Paul Tillich im Exil (Friedlich Wilhelm Graf)

l .Exilanten-Netzwerke
・Kulturelle Netzwerke des deutschsprachigen Exils in den USA (Primus-Heinz Kucher)

・Interpretations of History Out of Revolution and Exile. (Christian Roy)
  The Correspondence Between Eugen Rosenstock-Huessy and Paul Tillich

・Frankfurter Streitkultur im Exil (Christian Danz)
  Horkheimer, Adorno und Tillich über Anthropologie

ll. Council for a Democratic Germany
・Kairos und 'Dritte Kraft' (Claus-Dieter Krohn)
  Paul Tillichs Dislurs- und Kampfgemeinschaft mit Adolf Löwe für eine freie und gerechte Gesellschaft

・"Die Nicht-Unterscheidung von Theorie und Praxis" (Alf Christophersen)
  Paul Tillich, Emil Ludwig und der Council for a Democratic Germany

・Für Deutschland, nicht gegen Deutschland -- Paul Tillichs Sicht auf Ursachen und Funktionsweise der NS-Diktatur (Winfrid Halder)
  Eine Analyse seiner Radioanspruchen für die 'Voice of America' (1942-1944) im Vergleich mit Thomas Manns Dadiosnspruchen für die BBC (1940-1945)

lll. Paul Tillich und die amerikanische Theologie
・Tillich's American Theology on the Boundary between Native and Alien Land (Mary An Stenger)

・Tillich and American Theology (Frederick J. Parrella)

lV. Tillichs Frühe Vorlesungen im Exil
・Tillichs New Yoker Vorlesungszyklus ,Advanced Problems in Systematic Theology ' (1936-1938)
(Erdmann Sturm)

・'The doctrine of man as the present approach to theology' (Martin Fritz)
  Tillichs Anthropologie im Ünergang von Deutschland in die USA

・Tillichs 'existentialistic turn' (Werner Schüßler)
  Seine Wende von der Transzendentalphilosophie zur Existenzphilosophie un der Zeit des Übergangs von Deutschland in die USA

V. Theologie im Exil
・Das Exil in der 'Systematischen Theologie' Paul Tillichs (Notger Slenczka)

・Religion im Exil (Wilhelm Gräb)

・Die Tillichrezeption im deutschsprachigen Raum von 1933-1965 (Georg Neugebauer)
  Ein exemplarischer Überblick

Autorenverzeichnis
Personenregister
Sachregister

 第一部から第三部までの議論は、その研究テーマの設定はこれまでも行われてきたものであり、内容はある程度想像可能なものです。それに対して、今後ティリッヒの思想研究で追求されることになるのは、第四部と第五部での問題であり、京都大学の演習で注目しているのは、まさにこの部分です。
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、今後開設の別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR