旅とキリスト教

 旅をキリスト教は、さまざまな仕方で関連している。バニヤンの『天路歴程』(The Pilgrim's Progress)は典型であるが、そのモチーフは、遠く旧約まで遡る。

「12:1 主はアブラムに言われた。「あなたは生まれ故郷/父の家を離れて/わたしが示す地に行きなさい。
2 わたしはあなたを大いなる国民にし/あなたを祝福し、あなたの名を高める/祝福の源となるように。
3 あなたを祝福する人をわたしは祝福し/あなたを呪う者をわたしは呪う。地上の氏族はすべて/あなたによって祝福に入る。」
4 アブラムは、主の言葉に従って旅立った。ロトも共に行った。アブラムは、ハランを出発したとき七十五歳であった。」(創世記)

 つまり、キリスト教と旅について考える場合、人生自体が旅であるというメタファーとともに、現実の「旅」の在り方に注目する必要がある。こうした点で、参照できるのは、たとえば、次の文献である。

・阿部謹也『中世を旅する人びと ヨーロッパ庶民生活点描』ちくま学芸文庫。
・関哲行『ヨーロッパ中世4 旅する人びと』岩波書店。

 こうした旅する人びとに注目するとともに、重要なのが、点在する「都市」の存在とそのネットワーク、そして中央と辺境の差異化である。その中で、教会は定住的なイメージとなる。

 しかし、次の文献も忘れることが出来ない(すでに本ブログでも紹介済み)。教会自体が旅をすることもある。

・永本哲也ほか『旅する教会 再洗礼派と宗教改革』新教出版社。

 もし、人生が旅であるとするならば、人間はその中でことさらに旅に出たくなるのか(ポール・ニザンの「アデン・アラビア」か)。それは、人生という旅を確認するためだろうか。
スポンサーサイト

キリスト新聞から

KiriShinThe Kirisuto Shmbun,キリスト新聞、第3448、July 21. 2017) が届きました。京都大学は、本日で前期授業最後となります(補講や集中講義などは別ですが)。わたくしの担当も、残りは第二演習、そして試験・レポート・成績です。ほかにまださまざまな仕事がありますので、しばらくは、通常の仕事が続きます。

<第1面>
・「銀座の「名所」また一つ・・・ 」「聖書図書館 37年の歴史に幕」
 
 第一面はその号の中心テーマあるいは中心的なニュースの提示と関連の写真によって構成されます。
 
<第2面>
「閉館前に300人 惜しむ声も」「蔵書は青山学院大学の新設図書館へ寄贈」
 6月末に聖書図書館は閉館。理由は、蔵書を管理するのに、「そのための措置にかかる技術、人手、費用が挙げられる。」
 「同館の閉鎖に伴い、所蔵聖書の多くは青山学院大学に今後開館予定の新設図書館へ寄贈され、元聖書図書館所蔵聖書として公開される予定。」

 図書館が共通に関わる問題。費用の不足。これは日本の文化的水準を示すとも言える。日本が知的な事柄にお金を出さない国柄とすれば、発想を代えて、事態に対処する必要がある。
 青山学院大学に引き取っていただけるのは、よかったと思うが、聖書以外の貴重な諸資料(まだ分類整理もできていないとも間接的に聞いたが)はどうなるのだろうか。こちらが、もっと深刻かもしれない。

<第3面>
「News/ニュース」「Topics/トピックス」:
・教会:「「宗教改革とユダヤ」テーマにシンポ 京都ユダヤ思想学会で一神教研究者ら」
・教会:「多角的な立場から宗教改革を問う 日本宣教学会全国研究会開催」
・社会:「〝いい大人と出会えて人生変わった〟 関野牧師が仁藤夢乃氏と対談」
・音楽:「小坂忠さんが娘とデュエット ワーシップアルバム発売
・映画:「ロゴスフィルムつ最新作「はたらく」 各地で試写会がスタート」
・海外:「ドイツ連邦議会 同性婚の合法化を可決」
・声明:「カトリック司教協議会 平和旬間に会長談話」
・声明:「今日の政治状況に対して 同盟基督教団が意見表明」
・訃報:「日野原重明(ひのはら・しげあき)さん」

<第4面>
・「宗教リテラシー向上委員会」:
 「現代の苦しみ解決する補助線を」 (池口龍法)
 「毒矢のたとえ」、「迷いながら生きているわたしたち」、「経典では心の「毒」を抜く医療を提供するのは仏教であるが、正しく治療できるのならその手段は他の宗教であってかまわないだろう。」

・「縦断列島 書店員日記」:
 「2ヶ月の〝受難〟を経て・・・」 内藤優祐 (CLCブックスお茶の水(東京))、次号は大阪キリスト教書店 

<第5面>
・「置かれた場所は途上国 ルワンダ 下  支援地域に住む人々からの期待」 (望月亮一郎)

・「Cinemareview [映画評]」 『甘き人生』
 「与えられる答えではなく問い続ける姿勢」 (ライター 藤本徹)
 
<第6面>
・「伝道宣隊 キョウカイジャー+αアルファ」
 「イエスのどこが好き?」キョーカイゴールド

<第7面>
・SONO「教派擬人化マンガ ピューリたん」49
 「テスト勉強会」、「おしえて先輩」

 大学も試験の季節です。

・「Information/インフォメーション」

<第8面>
・「Book Review/書評」

・「TV/Radio」(テレビ・ラジオ)

日本文学とキリスト教

 前期の講義もいよいよ大詰めであるが、今年度は、いくつかの講義で、「日本文学とキリスト教」に言及して、締めくくりを行っている。日本文学と言っても、明治以降の近代文学であるが、通常考えられる以上に、日本文学は聖書そしてキリスト教との関わりが深い。その意味で、近代日本文学は、近代西欧文学の文脈にあるといって間違いないであろう。
 太宰治が、東京武蔵野病院入院中に聖書を読み、「HUMAN LOST」で、「聖書一巻によりて、日本文学史は、かつてなき程の鮮明さをもて、はつきりと二分されてゐる」と書いているのは、その意味で解しうるものと思われる。そして、太宰が注目するのは、「キリストの嫋々の威厳」だったのである。この「嫋々の威厳」は、キリストの女性的とも言える「勁さ」であり、それは、遠藤周作のテーマに通じるものと言えないか。

 こうした点を考える上で、次の鈴木範久監修 月本昭男・佐藤研編 『聖書と日本人』(大明堂、2000年)である。
 先の太宰についての議論は、この論集に収録された、次の論文に依拠している。

田中良彦 「聖書と日本文学──太宰治を中心に」

同様の視点から、多くの近代日本人文学者が議論できるはずである。たとえば、芥川龍之介など。

シャンタル・ムフ6

 引き続き、シャンタル・ムフです。今回は、ラクラウとの共著です。ムフにおいては、可なり基本的な文献です。

Ernesto Laclau and Chantal Mouffe),
Hegemony and Socialist Strategy. Towards a Radical Democratic Politics,
Verso, 2014 (初版は、1985).

Preface to the Second Edition
Introduction

1  Hegemony: The Genealogy of a Concept
2  Hegemony: The Difficult Emergence of a New Political Logic
3  Beyond the Positivity of the Social: Antagonisms and Hegemony
4  Hegemony and Radical Democracy

Notes
Index

  実は、わたくしの手元には、本書のドイツ語訳がありますが、その目次は、上の英語版より、かなりくわしくなっています。また、タイトルも、次のようになっています。

Hegemonie und radikale Demokratie. Zur Dekonstruktion des Marxismus,
Passagen Verlag, 4.,durchgesehene Auflage, 2012.

 サブタイトルが、かなり違います。翻訳ではよく行われることですが。

日野原先生 訃報

朝日デジタルに、日野原先生の訃報が掲載されました。
謹んで哀悼の意を表します。

「日野原重明さん死去 105歳 聖路加国際病院名誉院長」

<冒頭部分の転載>
「生涯現役」として著作や講演など幅広く活動してきた聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが、18日午前6時半、呼吸不全で死去した。105歳だった。通夜・お別れの会は関係者で行う。葬儀は29日午後1時から東京都港区南青山2の33の20の東京都青山葬儀所で。
・・・」


プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR