キリスト教思想における動物

 現代のキリスト教思想では、応用倫理の動物倫理に対応するものとして、動物についての神学的考察(動物神学)が、一つの研究テーマとして存在している。これまで、環境神学として多岐にわたる問題を含んで展開していた領域に属するという見方も可能であるが、これ自体を環境倫理一般から独立させた見方も存在する。
 本ブログでは、この数日、試問を話題にしてきたが、今年度の卒論では、動物神学に関連した論文が提出されたので、その論文でも取り上げられた、次の動物神学の文献を取り上げておきたい。

A・リンゼイ
『神は何のために動物を造ったのか──動物の権利の神学』
教文館、2001年(原著は1994年)。

精進神学に向かって(日本の読者に)
序論

第一部 神学的諸原理と確立
  第1章 畏敬、責任そして権利
  第2章 弱者の道徳的優先権
  第3章 僕の種としての人間
  第4章 動物のための解放の神学
  第5章 動物の権利と寄生的本質

第二部 倫理的習慣に挑戦する
  第6章 非神学的犠牲としての動物実験
  第7章 反福音的捕食としての狩猟
  第8章 聖書的思想としての菜食主義
  第9章 動物の奴隷化としての遺伝工学


参考文献
訳者あとがき
索引  

 動物神学は、確かに環境神学と深く関わるが、同時に、それは、本書の第4章からわかるように、解放の神学に関連し、また第9章からは、生命倫理(生命神学)とも重なり合っていることがわかる。つまり、動物神学は、動物を焦点とした神学諸分野の統合の問題なのである。
スポンサーサイト

環境論と宗教

 環境論への関心は、キリスト教はもちろん、さまざまな宗教において共有されている。当然と言えば、まったく当然であり、また、本ブログでも、しばしば取り上げてきたとおりである。
 今回は、仏教と環境論について、やや古くなったが、ハーヴァード大学世界宗教研究センターのシリーズから、次の論集を紹介したい。

Mary Evelyn Tucker and Duncan Ryuken Williams (eds.),
Buddhism and Ecology. The Interconnection of Dharma and Deeds,
Harvard University Press, 1997.

Preface (Lawrence E. Sullivan)
Series Foreword (Mary Evelyn Tucker and John Grim)

Introduction (Duncan Ryuken Williams)

Overview: Framing the Issues
Buddhism and Ecology: Collective Cultural Perceptions (Lewis Lancaster)

Theravada Buddhism and Ecology: The Case of Thailand
The Hermeneutics of Buddhist Ecology in Contemporary Thailand: Buddhadasa and Dhammapitaka (Donald K. Swearer)
A Theoretical Analysis of the Potential Contribution of the Monastic Community in Promoting a Green Society in Thailand (Leslie E. Sponsel and Poranee Natadecha-Sponsel)

Mahayana Buddhism and Ecology: The Case of Japan
The Jeweled Net of nature (Paul O. Ingram)
The Japanese Concept of Nature in Relation to the Environmental Ethics and Conservation Aesthetics of Aldo Leopold (Steve Odin)
Voices of Mountains, Trees, and Rivers: Kukai, Dogen, and a Deeper Ecology (Graham Parkes)

Buddhism and Animals: India and Japan
Animals and Environment in the Buddhist Birth Stories (Christopher Key Chapple)
Animal Liberation, Death, and the State: Rites to Release Animals in Medieval Japan (Duncan Ryuken Williams)

Zen Buddhism: Problems and Prospects
Mountains and Rivers and the Great Earth: Zen and Ecology (Ruben L. F. Habito)
The Precepts and the Environment (John Daido Loori)

American Buddhism: Creating Ecological Communities
Great Earth Sangha: Gary Snyder's View of Nature as Community (David Landis Barnhill)
American Buddhist Response to the Land: Ecological Practice at Two West Coast Retreat Centers (Stephanie Kaza)
The Greening of Zen Mountain Center: A Case Study (Jeff Yamauchi)

Applications of Buddhist Ecological Worldviews
Nuclear Ecology and Engaged Buddhism (Kenneth Kraft)
Buddhist Resources for Issues of Population, Consumption, and the Environment (Rita M. Gross)
Buddhism, Global Ethics, and the Earth Charter (Steven C. Rockefeller)

Theoretical and Methodological Issues in Buddhism and Ecology
Is There a Buddhist Philosophy of Nature? (Malcolm David Eckel)
Green Buddhism and the Hierarchy of Compassion (Alan Sponberg)
Buddhism and the Discourse of Environmental Concern: Some Methodological Problems Considered (Ian Harris)

Bibliography on Buddhism and Ecology (Duncan Ryuken Williams)
Notes on Contributors

Index

「宗教とエコロジー」というテーマは、宗教倫理学会でも、2001年度と2002年度の研究プロジェクトのテーマであり、このハーヴァード大学の研究センターにおける共同プロジェクトといわば変更した取り組みが日本でもなされていた。
 しかし、宗教倫理学会での研究成果は一時論集刊行という議論もなされたが、その後立ち消えになって現在に至っている。こうした差は、どこから生じたのだろうか。







アジア的伝統と環境論

 キリスト教的環境論(環境の神学・エコロジーの神学)を、日本において構築しようとするとき、日本を含めたアジアの伝統における環境に関わる伝統的思想を視野に入れることが必要になる。アジア的な自然理解を無視した日本における環境論は、それが「キリスト教的」であっても、伝統的な宗教文化方遊離した浅薄なものにならざるを得ないであろう。そこで、研究文献に依拠しつつ、アジアの宗教文化における環境・自然を把握する努力が必要なる。
 たとえば、次の文献はいかがであろうか。

J. Baird Calllicott and Roger T. Ames (eds.),
Nature in Asian Traditions of Thought. Essay in Environmental Philosophy,
State University of New York Press, 1989.

Preface
Foreword (Eugene C. Hargrove)

Introduction: The Asian Traditions as a Conceptual Resource for Environmental Philosophy (J. Baird Calllicott and Roger T. Ames)

I The Ecological World View: A Basis for Engagement
Pacific Shift (William Irwin Thompson)
Biology as a Cosmological Science (Harold J. Morowitz)
The Metaphysical Implications of Ecology (J. Baird Calllicott)

II The Chinese World View
The Continuity of Being: Chinese Visions of Nature (Tu Wei-ming)
Human/Nature in Nietzsche and Taoism (Graham Parkes)
On Seeking a Change of Environment (David L. Hall)
Putting the Te back into Taoism (Roger T. Ames)
Units of Change --- Units of Value (Robert C. Neville)

III The Japanese World View
The Japanese Concept of "Nature" (Hubertus Tellembach and Bin Kimura)
The Japanese Experience of Nature (David Edward Shaner)
Saigyo and the Buddihist Value of Nature (William R. LaFleur)

IV The Buddhist World View
The Jewel Net of Indra (Francis H. Cook)
Environmental Problematics (Kenneth K. Inada)
Toward a Middle Path of Survival (David J. Kalupahana)

V The Indian World View
A Metaphysical Grounding for Natural Reverence: East-West (Eliot Deutsch)
"Conceptual Resources" in South Asia for "Environmental Ethics" (Gerald James Larson)
Epilogue: One the Relation of Idea and Action (J. Baird Calllicott and Roger T. Ames)

Notes
Index

 アジアと言っても、日本が明確に取り上げられているとしても、東アジアと南アジアに限られている。それはそうとしても、アジア系の伝統を背景とした研究者が少ない。もちろん、これは時代的制約があるだろうし、この論集が企画編集されたさまざまな事情もあるだろう。
 しかし、アジア系の伝統を背景とした研究者が、アジア的な宗教文化の研究者としてアプリオリに優れているという判断が可能かについて、まず疑ってみるべきかもしれない。現代の日本の研究者が、わたくし自身を含めて、日本的伝統をどれほど理解しているだろうか、などなどと考えてしまう。
 

東アジアでの環境と宗教

 環境というテーマは、キリスト教思想においては、すでに研究者の間でかなり共有された問題として定着している。しかし、日差しアジアという文脈を考えるとき、キリスト教以外の伝統的な宗教文化(道教、儒教、仏教)のもつ意義は大きなものがあり、それらをも、視野に入れた研究が要求されることになる。近年の、環境論・環境思想をめぐる、東アジアの伝統的宗教文化の動向も、念頭におくべきものと言わねばならない。
 今回紹介するのは、道教についてのものであり、新しいというわけではないが、参照すべき文献と言える。

N.J.Girardot, James Miller and Lui Xiaogan (eds.),
Daoism and Ecology. Ways within a Cosmic Landscape,
Harvard University Press. Center for the Study of World Religions, 2001.

Preface (Lawrence E. Sullivan)
Series Foreword (Mary Evelyn Tucker and John Grim)
Note on the Romanization of Chinese Terms

Acknowledgements

Introduction (N.J.Girardot, James Miller and Lui Xiaogan)
Prologue: The Calabash Scrolls (Stephen L. Field)

I. Framing the Issues
・"Daoism" and "Deep Ecology": Fantasy and Potentiality (Jordan Paper)
・Ecological Questions for Daoist Thought: Contemporary Issues and Ancient Texts (Joanne D. Birdwhistell)
・"Nature" as Part of Human Culture in Daoism (Michael LaFargue)
・Daosim and the Quest for Order (Terry F. Kleeman)
・Sectional Discussion: What Can Daoism Contribute to Ecology? (James Miller)

II. Ecological Readings of Daoist Texts
・Daosit Ecology: The Inner Transformation. A Study of the Precepts of the Early Daoist Ecclesia (Kristofer Schipper)
・The Daoist Concept of Central Harmony in the Scripture of Great Peace: Human Responsibility for the Maladies of Nature (Chi-tim Lai)
・"Mutual Stealing among the Three Powers" in the Scripture of Unconscious Unification (Zhang Jiyu and Li Yuanguo)
・Ingesting the Marvelous: What Ecological Themes Are Found in Daoist Texts? (James Miller, Richard G. Wang, and Edward Davis)

III. Daosim and Ecology in a Cultural Context
・Flowering Apricot: Environmental Practice, Folk Religion, and Daoism (E. N. Anderson)
・In Search of Dragons: The Folk Ecology of Fengshui (Stephen L. Field)
・An Introductory Study on Daoist Notions of Wilderness (Thomas H. Hahn)
・Salvation in the Garden: Daoism and Ecology (Jeffrey F. Meyer)
・Sectional Discussion: How Successfully Can We Apply the Concepts of Ecology to Daoist Cultural Contexts? (John Patterson and James Miller)

IV. Toward a Daoist Environmental Philosophy
・From Reference to Deference: Daoism and the Natural World (David L. Hall)
・The Local and the Focal in Realizing a Daoist World (Roger T. Ames)
・"Responsible Non-Action" in a Natural World: Perspectives from the Neiye, Zhuangzi, and Daode jing and Neiye (Lisa Raphals)
・Non-Action and the Environment Today: A Conceptual and Applied Study of Laozi's Philosophy (Liu Xiaogan)
・Sectional Discussion: What Are the Speculative Implications of Early Daoist Texts for an Environmental Ethics? (Russell B. Goodman with James Miller)

V. Practical Ecological Concerns in Contemporary Daosim
・Respecting the Environment, or Visualizing Highest Clarity (James Miller)
・A Declaration of the Chinese Daoist Association on Global Ecology (Zhang Jiyu)
・Change Starts Small: Daoist Practice and the Ecology of Individual Lives. A Roundtable Discussion with Liu Ming, René Navarro, ・Linda Varone, Vincent Chu, Daniel Seitz, and Weidong Lu (Complied by Livia Kohn)
・Daoist Environmentalism in the West: Ursula K. Le Guin's Reception and Transmission of Daoism (Jonathan R. Herman)
・Sectional Discussion: Daosim --- A Vital Tradition for the Contemporary Ecological Consciousness (James Miller)

Epilogue: Dao Song (Ursula K. Le Guin)

Bibliography on Daoism and Ecology (James Miller, Jorge Highland, and Liu Xiaogan with Belle B. L. tan and Zhong Hongzhi)
Notes on Contributors
Glossary of Chinese Characters

Index

経済の神学3

 経済の神学は、21世紀に入り、大きな関心を集めるようになった、研究領域であるが、1990年代ごろには、すでにいくつかの問題連あ関においてなされていた。たとえば、次のものである。

1.Sondra Ely Wheeler, Wealth as Peril and Obligation. The New Testament on Possessions, Eerdmans, 1995.

2.Richard B. Hays, The Moral Vision of the New Testament. Community, Cross, New Creation. A Contemporary Introduction to New Testament Ethics, Continuum, 1996.

3.Max L. Stachouse, Public Theology and Political Economy. Christian Stewardship in Modern Society, University Press of America, 1991.(M.L.スタックハウス『公共神学と経済』聖学院大学出版会、2004年。)
      ,Covenant & Commitments. Faith, Family, and Economic Life, Westminster John Knox Press, 1997.
4.山本栄一『問いかける聖書と経済──経済と経済学を聖書によって読み解く』関西学院大学出版会、2007年。

 経済の神学の基礎は、聖書解釈であり、ウイラーのものはその典型である。聖書学においては、経済は一つの研究テーマとして存在している。
 しかし、1990年代頃の特徴は、それが、伝統的なキリスト教倫理といった領域だけでなく、環境あるいは公共性といった問題との関わりで論じられている点にあり、これは21世紀においても変わらない動向である。


プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR