FC2ブログ

現代宗教学と人類学6

 現代宗教学と人類学(民俗学や社会学まで)に関わる研究は、日本でもかなり盛んであり、多くの研究成果が存在します。講義で宗教学を扱うとき、その事例として日本のものをしばしば取り上げますが、この事例については、こうした研究書を参照することになります。
 わたくしの手元にあるものを紹介します。まず、柳川啓一。

柳川啓一
『祭と儀礼の宗教学』
筑摩書房、1987年。

異説 宗教学序論

Ⅰ 宗教学へのパースペクティブ
 1 伝統社会の崩壊と宗教
 2 聖なるものと俗なるもの
 3 〈群〉の宗教学

Ⅱ 祭の宗教学
 1 祭にきそむ二つの原理
 2 祭の神学と祭の科学──会津田島祇園祭
 3 親和と対抗の祭──秩父神社夜祭

Ⅲ 生と死の儀礼
 1 盆と正月──儀礼の象徴的構造
 2 儀礼の空間 儀礼の時間
 3 エネルギーの連続──生と死
 4 先祖崇拝のゆくえ
 5 アメリカにおける日本仏教

Ⅳ 官の科学・野の科学
 1 文人姉崎正治
 2 姉崎正治と柳田国男
 3 柳田国男・折口信夫と構造主義

あとがき

 とくに、わたくしは、祭に関わる儀礼の扱いを参照した、記憶があります。
 その他に、次の本も、手元にあります。

柳川啓一
『宗教学とは何か』
法藏館、1989年。 

 どちらの本も、ちょうど、大阪市立大学で宗教学を担当していた頃のことであり、すみからすみまで、読みました。
   

スポンサーサイト



現代宗教学と人類学5

 宗教学と緊密に関わる人類学と言ってもさまざまであるが、どうしてもはずせない一人としてあげるべきは、レヴィ=ストロースであろう。当然は、わたくしの手元にも、何冊かの文献が存在する。

クロード・レヴィ=ストロース
『構造人類学』
みすず書房、1972年。

クロード・レヴィ=ストロース
『野生の思考』
みすず書房、1976年。

Claude Lévi-Strauss,
Tristes Tropique,
Penguin Books, 1955(1973).

C・レヴィ=ストロース
『アスディワル武勲詩』
青土社、1993年。

 このほかに、研究室ではなく、自宅まで範囲を広げれば、『今日のトーテミズム』『構造・神話・労働 クロード・レヴィ=ストロース日本講演集』が、身近にある。

 これらの中で、わたくしが、お気に入りなのは、『アスディワル武勲詩』であるが、それ膨大な著作を考えれば、レヴィ=ストロースについてのわたしの知識は、ほんとうに限られたものである。

現代宗教学と人類学4

 現代宗教学と人類学は、その成立過程で、相互に重なり合って展開してきたが、それは、テーマについても、確認できる。たとえば、「象徴」は双方の基本概念であり、突き合わせが必要である。しかも、そこには、ほかの諸領域が交差することになり、議論は複雑で、整理なしには、混乱を生じる恐れがある。こうした基礎概念の整理は、伝統的に、哲学の役割となるだろう。
 ここでは、人類学における象徴論を紹介。

ダン・スペルベル
『象徴表現とはなにか──一般象徴表現論の試み』
紀伊國屋書店、1979年。


Ⅰ 象徴表現と言語活動
Ⅱ 隠された意味作用
Ⅲ 不在の意味作用
Ⅳ 象徴表現と知識
Ⅴ 象徴装置

訳註
解題
引用文献

 この文献を購入したのは、1991年であるが、このころは、「象徴」に関連したものを分野を問わず、収集し読み進めていた時期であり、懐かしい文献の一つである。

ウィトゲンシュタインと宗教

 ウィトゲンシュタインについては哲学者として現代哲学の研究分野を中心に多くの議論がなされている。しかし、宗教研究の分野でも、ウィトゲンシュタインは多くの関心を集めており、特に宗教哲学としての研究は少なくない。こうした中で、星川啓慈氏は、代表的なウィトゲンシュタイン研究者と言えるが(もちろん、氏の研究領域は、遙かに広範に及ぶ。しかし、やはりウィトゲンシュタインは、その中心に位置するではないだろうか)、このたび、30年前に執筆刊行した著書が増補文庫化された。ご紹介したい。

星川啓慈
『宗教者ウィトゲンシュタイン』
法蔵館文庫、2020年7月。

はじめに
  文献略号一覧
  凡例
第一章 ウィトゲンシュタインの生涯
第二章 第一次世界大戦とトルストイとの出会い
第三章 「語りえないもの」としての宗教
第四章 『秘密の日記』にみる『論理哲学論考』の基本的性格の成立
第五章 『哲学宗教日記』にみる「宗教者」ウィトゲンシュタイン
第六章 ユダヤ人意識と同性愛をめぐって
第七章 ウィトゲンシュタインの宗教観
終章  自分が「神に対して」語ることと「神について」他人に語ること
むすび

ウィトゲンシュタイン略年譜
宗教者としてのウィトゲンシュタインをさらに知るための読書案内
増補版へのあとがき

 これからウィトゲンシュタインについて宗教との関わりで研究を行いたいと思う方には、最良の手引き(初歩的という意味ではないが)である。
 終章の議論は、わたくしも、比較的最近、シュスラー編の『神についていかに語るうるか プロティノスからウィトゲンシュタインまで』(教文館、2018年)で、アンドレアス・コリ点スキー「ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン:言語ゲームによる宗教の解明」の訳を担当したこともあり、特に興味深い。

現代宗教学と人類学3

 宗教研究との関連でわたくしがこれまでしばしば参照した三人目は人類学者は、リーチです。以下に紹介するように、リーチには聖書解釈に関わる文献もあり、その点でも興味深い研究者です。

エドマンド・リーチ
『神話としての創世記』
紀伊國屋書店、1980年。

エドマンド・リーチ
『文化とコミュニケーション──構造人類学入門』
紀伊國屋書店、1981年。

エドマンド・リーチ
『聖書の構造分析』
紀伊國屋書店、1984年。

エドマンド・リーチ
『人類学再考』
思索社、1990年。

親族の哲学に向って (青木保)
序文

1 人類学再考
2 ジンポー族の親族名称──民族誌的代数学の試み
3 母方交叉イトコ婚の構造的意味
4 一婦多夫、相続、婚姻の定義──特にシンハリの慣習法を参照して
5 カチン族とラケール族における婚資と婚姻の安定性
6 時間の象徴的表象に関する二つのエッセイ
   Ⅰ クロヌスとクロノス
   Ⅱ 時間とつけ鼻

原注
参考文献
日本語版付録
   A 出自、親子関係、婚姻関係──リーチ博士への応答
     (M・フォーテス)
   B 「母方交叉イトコ婚の構造的意味」のためのコメント
     (井上兼行)
用語解説
リーチの主要著作目録
訳者あとがき
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR