FC2ブログ

キリスト教思想の焦点としての言語30

 「キリスト教思想と言語」という問題は多岐にわたり、多くの論点・テーマを含んでいます。これまでの流れて言えば、このあたりで、解釈学を取り上げることも考えられますが、解釈学については、手元にある文献がかなりの数にのぼるため、今の段階では着手することが困難です。そこで、これまでの紹介文献における、テキスト、読者、読解という連関に注目し、受容美学へと進み、その後、テリー・イーグルトンとノースロップ・フライという文学研究・文学批評の大家へと紹介を続けることにします。

 今回は、受容美学から。
 「本を読む」とは、読者がテキスト世界を理解する、受容することとして捉えることが可能であり(新しい文学史研究)、受容から美的体験へ、あるいは読者による意味構成へと議論を組み立てることができる。前者はヤウス、後者はイーザーという論者に結びつけられ、両者の議論は、通常、受容美学・受容理論として語られる。こうした理論の進展は、哲学のテキスト理論(リクール)や聖書解釈学において注目されることになり、キリスト教思想にとっても注目すべき動向であった。

 ヤウスの受容美学の代表作は、次の文献。

H・R・ヤウス
『挑発としての文学史』
岩波書店、1999年。

日本語版への序文

Ⅰ 挑発としての文学史
Ⅱ 芸術の歴史と一般史
Ⅲ 芸術時だの終焉
  ──ハイネ、ユゴーおよびスタンダール
     における文学革命の諸相

原注
訳注
あとがきにかえて 

 原著は次の通り。

Hans Robert Jauß,
Literaturgeschichte als Provokation,
Suhrkanmp, 1970.

スポンサーサイト



キリスト教思想の焦点としての言語29

 しばらくエーコの文献を紹介してきたが、言語をめぐり、記号論からテキスト解釈学・物語論・読者論への展開を確認することができた。そこで、この議論のラインを確認しておきたい。

 今回は、まず、キリスト教との関連でも問題となるフランク・カーモード。

フランク・カーモード
『秘義の発生』
ヨルダン社、1982年。


1 肉的な意味と霊的な意味
2 〈ホティ〉の問題──物語はなぜ曖昧か
3 マッキントッシュの男、シャツの少年
4 発展の必須要因
5 事実とは正確になにか
6 筋を追えない世界

原註
訳注
訳者あとがき
索引

フランク・カーモード
『終わりの意識──虚構理論の研究』
国文社、1991年。

日本語版はしがき
はしがき

Ⅰ 終末
Ⅱ 虚構
Ⅲ 始めも終わりもない世界
Ⅳ 現代の黙示録
Ⅴ 文学的虚構と現実
Ⅵ 独房監禁

原注
訳者あとがき

 「虚構と現実」という問題が、言語、テキスト・物語、読解という議論において展開されるのは、この時期のいわば共通問題であり、さまざまな思想家がこの問いに取り組んでいる。多様な思考実験がなされ、それにキリスト教思想も絡んでいる。

 こうした中で、「読解」についての精密な議論が求められることになる。詳細は次回以降にして、ここでは、次のスコールズの文献のみを挙げておきたい。

ロバート・スコールズ
『読みのプロトコル』
岩波書店、1991年。


第一章 読むこと──間テクスト的行為
第二章 解釈──プロトコルの問題
第三章 批評──レトリックと倫理

訳者あとがき
引用文献

 なお、このスコールズの原著は、次のものであり、わたくしの手元にある。
Robert Scholes,
Protocols of Reading,
Yale University Press, 1991.


キリスト教思想の焦点としての言語28

 エーコの文献を紹介してきましたので、「言語論」関係ではありませんが、エーコで重要なもう一つの研究領域、美学・中世研究に関わる文献を取り上げます。

Umberto Eco,(translated by Hugh Bredin)
Art and Beauty in the Middle Ages,
Yale University Press, 1986 (イタリア語原著は、1959.)

Abbreviations
Translator's Note
Preface

 Introduction
 I. The Medieval Aesthetic Sensibility
 II. Transcendental Beauty
 III. The Aesthetics of Proportion
 IV. The Aesthetics of Light
 V. Symbol and Allegory
 VI. Aesthetics Perception
 VII. The Aesthetics of the Organism
 VIII. Development and Decline of the Aesthetics of the Organism
 IX. Theories of Art
 X. Inspiration and the Status of Art
 XI. Conclusion

Bibliography
Index


Umberto Eco (translated by Hugo Bredin),
The Aesthetics of Thomas Aquinas,
Radius, 1988. (イタリア語原著は、1970.)

Preafce
Translator's Note

 I  Aesthetics in Medieval Culture
 II  Beauty as a Transcentental
 III The Function and Nature of the Aesthetics Visio
 IV The Formal Criteria of Beauty
 V  Concrete Problems and Applications
 VI  The Theory of Art
 VII  Judgment and the Aesthetic Visio
 VIII Conclusion

Notes
Bibliobraphy
Glossary
Index

キリスト教思想の焦点としての言語27

 もう少し、エーコを続けます。
 今回は、ドイツ語出版の小冊子を取り上げます。

・Umberto Eco,
Die Bibliothek,
Hanse,1987.

・Umberto Eco,
Streichholzbriefe,
Hanser, 1990.

 これらは、学生時代にドイツ語文献の購入に利用していた、Mail Order Kaiser より、一定の購入額の者に(?)、サービスとして送られてきた冊子です。いくつかの選択肢から選ぶことができたようにも思います。このエーコの小冊子以外にも、さまざま小さな本を送ってもらいましたが、それらのいくつかは、研究室のどこかにあるはずです。
 今回は、学生時代の洋書の購入について、思い起こしてみたいと思います。今もそうですが、大手の代理店を経由する洋書はどうしても割高になるので、学生としては、直接海外に注文することを行いました。わたくしの場合は、ドイツ語のものでは、Mail Order Kaiser と Wissenschaftliche Buchgesellschaft を利用し、そのほかには、いくつかの古書店を利用しました。これらで、必要な文献収集は十分可能だったと記憶しています。
 しかし、これがいつの時期からか利用しにくくなりました。それは、郵便局経由での海外送金のシステムが変更になり、送金が面倒になった、送料が高くなったからだと思います。銀行を通した送金もかなり面倒で、結局、直接購入・郵便局での送金ということをやめたのが、1990年代のいつ頃だったでしょうか。その後、試行錯誤がありましたが、現在は、アマゾンの利用が中心になり、公費を利用するときは、生協の洋書のシステムを使うといった形です。現在ならば、クレジットカードでの決裁ということも、自然な選択肢としてあるように思いますが、学生の当時は、先に述べたような状況でした。
 今回、エーコの文献紹介する中で、Mail Order Kaiser のことを思い出しました。

キリスト教思想の焦点としての言語26

 現代思想で言語と言えば、必ず問題となるのが、翻訳であり、キリスト教思想にとって、翻訳は、聖書翻訳という形で重要研究テーマとして位置づけられる。エーコにも、まとまった翻訳論が存在する。

Umberto Eco,
Experiences in Translation,
University of Toronto Press, 2001.(トロント大学での、1998年のレクチャーが元になっている。)

Preface

Introduction

Translating and Being Translated
 Equivalence in Meaning
 Incommensurability versus Comparability
 Sameness in Reference
 Translating from Culture to Culture
 Source versus Target
 Foreignizing and Domesticating
 Archaic versus Modern
 Can a Translator Change the Story?
 Translating Rhythm
 How Not to Get More and How to Accept Less
 Compensating for Losses
 When the Text Has Us See Things
 Compensation through Rewriting

Translation and Interpretation
 Rewording as Interpretation
 Definition versus Translation
 Buongiorno
 The Substance of the Expression
 Stylistic Values and Expressive Substance
 Expressive Substance and Aesthetic Effect
 Change of Continuum
 Interpretation, Translation, and Transmutation
 Borderline Cases

Bibliogtaphy

 議論の基本に二項性が置かれているのは、突き詰めて言えば記号論的前提からか。二項性の処理については、アポリア、パラドクス、弁証法などさまざまであるが、ここにその思想家の特質が現れる。ニーバーの有名な類型論は、理論的には、この問題に関連している。

 その他に、次の論集には、エーコの翻訳をめぐる論考が収録され、エーコ作品の翻訳をめぐる諸論考が収録されている。

ウンベルト・エコほか
『エコの翻訳論──エコの翻訳論とエコ作品の翻訳論』
而立書房、1999年。

 エコ自身の文章としては、次の4つのものが収録。

・翻訳研究への記号論的アプローチ
・レーモン・クノー『文体練習』(イタリア語)の序説
・『シルヴィー』再読
・会議への基調発言


プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR