フェミニスト神学、世界に展開する2

アジアにおけるフェミニスト神学の展開として、コク・ピュイラン(Kwok Pui-lan)名前が挙げられる(香港出身であるが、活動はアメリカ)。彼女の仕事から、世界におけるフェミニスト神学の展開を示す次の編著を取り上げておきたい。フェミニスト神学は世界の多様な文脈と重なりつつ、広がっている。

Kwok Pui-lan (ed.),
Hope Abundant. Third World and Indigenous Women's Theology,
Orbis, 2010. 

Aknowledgements
Introduction
  Kwok Pui-lan (Hong Kong/USA)

Part 1: Context and Theology
Poem by Mercy Amba Oduyoye (Ghana)

1. Engendered Communal Theology: African Women's Contribution to Theology in the Twenty-First Century
  Musimbi R. A. Kanyoro (Kenya)
2. Women Doing Theology with the Asian Ecumenical Movement
  Wong Wai Chig Angela (Hong Kong, China)
3. A Feminist Theology of Liberation: A Latin American Perspective with a View toward the Future
  Ivone Gebara (Brazil)
4. Dismantling the Master's House with the Master's Tools: Native Feminist Liberation Theologies
  Andrea Smith (Cherokee, USA)

Part 2: Scripture
"Words," a poem by Maricel Mena-López (Colombia) and the "Feminist International Theology" symposium participants

5. Toward a Post-Colonial Feminist Interpretation of the Bible
  Musa W. Dube (Botswana)
6. Dalit Women and the Bible: Hermeneutical and Methodological Reflections
  Monica Jyotsna Melanchton (India)
7. Biblical Teachings and the Hard Realities of life
  Jean Zaru (Palestine)
8. The Sign of Orpah: Reading Ruth through Native Eyes
  Laura e. Donaldson (Cherokee, USA)
9. The Patriarchal Household and Power Relations between Genders
  Elsa Tamez (Mexico)

Part 3: Christology
"The Star of Christ," a poem by Sun Ai Park (Korea)

10. Jesus Christ
  Mercy Amba Oduyoye (Ghana)
11. THe Suffering Christ and the Asian Body
  Sharin A. Bong (Malaysia)
12. Australian Aboriginal Women's Christologies
  Lee Miena Skye (Palawa, Australia)
13. Jesus and Mary Dance with the Orishas: Theological Elements in Interreligious Dialogue
  Clara Luz Ajo Lázaro (Cuba)

Part 4: Body, Sexuality, and Spirituality
"The Lord's Prayer," from A New Zealand Prayer Book

14. NIV/AIDS: An African Theological Response in Mission
  Isabel Apawo Phiri (Malawi)
15. Women, Fatih, Marriage: A Feminist Look at the Challenges for Women
  Meng Yanling (China)
16. Catholicism and Women's Rights as Human Rights
  Maria José Rosado-Nunes (Brazil)
17. Women's Spirituality for Justice
  Carmelita Usong (Philippines)

Selected Bibliography
Contoributors

「豊かな希望」を生み出すネットワークを支える神学として、フェミニスト神学は確かに存在している。
スポンサーサイト

フェミニスト神学、世界に展開する1

 フェミニスト神学の諸動向のうち、すでに多くの具体化がなされているのが、北米から世界の諸地域への展開であり、本ブログでも、比較的最近に、アフリカのフェミニスト神学について若干の紹介を行った。そこで、次に、アジアにおけるフェミニスト神学の古典的な文献を取り上げておきたい。
 おそらく、すぐに思い出すのは、次の文献であろう。

Chung Hyun Kyung,
Struggle To Be the Sun Again. Introducing Asian Women's Theology,
Orbis, 1990. 

Preface
Introduction

1. The Historical Context of Asian Women's Theology
  The Women's Desk of the Christian Conference of Asia
  The Women's Commission of the Ecumenical Association of Third World Theologians
  In God's Image: A Feminist Theological Journal in Asia

2. The Social Context of Asian Women's Theology

3. Struggle To Be the Sun Again: Asian Women's Theological Reflections on Humanity
  To Be Is To Suffer and Resist
  To Be Human Is To Be Created in God's Image

4. Who Is Jesus for Asian Women?
  Traditional Images
  New Emerging Images

5. Who Is Mary for Today's Asian Women?
  Mary as a Model for Full Womanhood and of the Fully Liberated Human Being
  Mary as a Model for True Discipleship
  Mary as Co-Redeemer for Human Salvation

6. Emerging Asia Women's Spirituality
  The Formation of Asian Women's Spirituality
  The Characteristics of Asian Women's Spirituality
  The Diverse Manifestations of Emerging Asian Women's Spirituality

7. The Contribution and the Future of Asian Women's Theology
  A New Understanding of Theology
  A New Understanding of the Identity of Theologians
  A New Methodology
  The Future of Asian Women's Theology

Notes
Bibliography
Index

 本文だけならば、100頁を少し超える分量の比較的コンパクトな文献であるが、そのインパクトは大きなものがあった。

フェミニスト神学の向こうへ

 フェミニスト神学とその展開に関わる文献を紹介してきたが、フェミニスト神学とも関連しつつも、基本的に大きく異なる発想によって規定されているのが、いわゆるクィア神学である。「男と女」というジェンダーをめぐる問題は、性差自体の問い直しへと向かうのは、いわば必然的な展開かもしれない。
 日本の神学界でも、最近、こうした問題意識が見られるようになったが、たとえば、早い段階の議論として、次のものを紹介しておきたい。

Elizabeth Stuart,
Gay and Lesbian Theologies. Repetitions with Critical Difference,
Ashgate, 2002.

Acknowledgements

1 Theological Trouble
2 Gay is Good
3 Exodus
4 Erotic Theology
5 AIDS and the Failure of Gay and Lesbian Theology
6 From Here to Qeer
7 Qeer Theology
8 Christianity is a Qeer Thing

Bibliography
Index

 フェミニスト神学がポスト近代の構成主義・構築主義・脱構築と共有している問題は、性差自体の脱構築へといたる。とすれば、それは神学にとって何を意味するのか。こうなると、ポスト近代は「近代」の「ポスト」に尽きない射程を有することが明らかになる。

エコ・フェミニスト神学について

 1960年代後半ごろから、キリスト教思想において活発に議論を展開しはじめたフェミニスト神学は、その後、多岐にわたる展開を行い、現在にいたっている。その中で、重要なものの一つが、エコロジーの神学との関連付け、つまり、エコ・フェミニスト神学の成立である。これは、女性と自然(環境)という問題状況がばらばらのものではなく、むしろ相互に緊密な関連にあるとの認識の深まりに基づくものであり、1980年代には、こうした問題意識は、フェミニスト神学においてみられるようになっていた(たとえば、リューサー。フェミニスト神学の周辺では、マクフェイグなど)。
 このエコ・フェミニスト神学の動向については、その後まとまったまとめがなされた。次の文献は代表的なものである。

Heather Eaton,
Introducing Ecofeminist Theologies,
T & T Clark International,
2005.

Editor's Preface
Acknowledgements

Introduction
1. Ecological-feminism: Overview and Development
 Ecofeminism: A Definition
 Ecofeminism: History and Development
 Ecofeminism: Contributions and Congestion
 Which Ecofeminim and Going in What Direction?
 Conclusion: A Way out

2. The Quest for Origins: In the Beginning...
 Women and Nature: Overview
 The Domination of Women
 The Domination of Nature
 Nature as Female
 Women, Nature, and the Natural World:
   The Theoretical Cluster
 Conclusion

3. The Ecological Crisis and Religion: Ecofeminist Theology
 Christianity: Women, Nature and Patriarchal Problems
 Christianity and the Ecological Crisis
 The Ecological Challenge to Theology
 Ecofeminist Theology
 Conclusion

4. From the Cosmos to the City: Evolution and Politics
 The Role of Science in Ecofeminist Theology
 Ecofeminist Liberation Theologies
 Ecofeminism Everywhere?
 Conclusion

5. At the Intersection of Ecofeminism and Religion:
 Directions for Consideration
 Conclusion

Bibliography
Index of Authors

 おそらく、その後の展開を考えれば、聖書学的な議論の深まり、ポストモダンの諸潮流との関係、そして経済の神学との関連付け、などを含めた、議論の整理が必要になるだろう。 


 

フェミニスト神学の広がり

 フェミニスト神学は、現代のフェミニズムとキリスト教の女性運動とを背景に形成された代表的な文脈化神学として理解されている。当初は、かなり限定された文脈から出発しつつも、その問いの普遍性(男と女というジャンダーをめぐる問題などの)と、グローバル化のもとでの文脈の拡張・多様化によって、その後、急速に進展し、現在に至っている。
 最近、こうしたフェミニスト神学について文章をまとめる機会があり、その中で、ラテンアメリカにおけるフェミニスト神学の動向にも言及することになった。名前だけであったが、取り上げたのは、次の思想家である。

Ivone Gebara,
Out of the deoth. Women's experience of Evil and Salvation,
Fortress, 2002 (原著は1999年)。

Translator's Note

Introduction
 Everyday Evil / Evil and Women / A Male View of Evil / Silence about Evil / Feminism in Latin America / Gender
1. Women's Experience of Evil
 A Feminist Phenomenology / The Power of Witnessing / Women's "Evil" Seen through the Lens of Justice / My Own Story
2. Evil and Gender
 The Concept of Gender / The Relativity of Difference / Gender as a Hermeneutical Tool / Gender and Epistemology / Gender,
Difference, and Violence / Nature and Culture / Gender and Women's Experience of Evil
3. The Evil Women Do
 Women Weaving the Cloth of Evil / Women of the World / Religion, Violence, and Women / The Feminine Face of Religious Violence
4. Women's Experience of Salvation
 Personal and Community Suffering / Everyday Resurrections / Relatedness as a Condition for Life
5. God for Women
 God and the Daily Experience of Poverty / God's Baroque Face / God in the Absence of God / God in the Fabric and Weaving of Life

Epilogue
Notes
A Select Bibliography
Index

 先に言及の文章では、ジェバラについては名前だけの言及になったが、内容に踏み込んだ紹介が必要かもしれない。方法論的な面でも興味深い議論が散見される。
 なお、わたくしがジェバラに出会ったのは、リューサーの論文を通してであった(文献購入の記録から、これは、2011年ごろのことと思われる)。思想家から思想家へという仕方で連関(ネットワーク)を辿る作業は、おもしろい。  

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR