聖書研究

 聖書研究という言葉は、大学などの研究の場だけでなく、教会などで一般的にも耳にするものであり、それは、日本のキリスト教においては、かなり広く行き渡っていると言ってよいだろう。それは日本のキリスト教にとってかなり重要なものであるにもかかわらず、そのあり方、問題点などについてテーマ的に論及されることは少ないと思われる。その点について、聖書から考える際に参考にできるにが、次の文献である。「聖書研究」について再考する作業が求められている。

B. J. Koet and A. L. H. M. van Wieringen (eds.),
Multiple Teachers in Biblical Texts,
Peeters, 2017.

・In Search of Teachers and Disciples
 Bart J. Koet / Archibald L. H. M. van Wieringen

・Moses as a Teacher: Participant tracking in Psalm 64.
 Christian Erwich / Eep Talstra

・Coping with Hellenistic Neighbours: Psalms 137-145: An initiation into royal warriorship
 Harm W. M. van Grol

・God as the Wise Teacher in Job
 Sehoon Jang

・The Triple-Layered Communication in the Book of Amos and its Message of Non-appropriation Theology
 Archbald L. H. M. van Wieringen

・Multiple Teachers and Disciples in Mt 8-9
 Solomon Pasala

・Multiple Communication Layers and the Ebigma of the Last Judgment (Matt 25.31-46)
 Laurí Thurén

・A Tale of Two Teachers: Jesus about Jesus and John the Baptist (Luke 7.18-25)
 Bart J. Koet

・Education and Teaching in John's Gospel
 Jan van der Watt

・Paul as a Recipient and Teacher of Tradition
 Peter J. Tomson

・Hillel as a Teacher: Sayings and Narratives
 Eric Ottenheijm

・Religious Teachers and Students on Biblical Teaching and Discipleship: An Account of a Recent Exploration
 Toke Elshop

Index of References

スポンサーサイト

宗教的多元性とキリスト教

 宗教的多元性の問題は、1970年代以降のキリスト教思想において、議論を行う前提に位置づけられるようになり、多くの問いが論じられてきた。伝統的な福音主義においても、この状況を視野に入れた思想形成が求められており、特に論点としては、キリスト教倫理(多元的社会におけるキリスト教的な生き方)が問題になってきているように思われる。

Bryan Stone,
Evangelism after Pluralism. The Ethics of Christian Witness,
Baker Academic, 2018.

Acknowledgements

1. Competing for Space in the World
2. On Ethics, Evangelism, and Proselytism
3. Evangelism, Empire, and Rival Citizenships
4. The Ecclesiality of Salvation
5. Evangelism and Pluralism in the Nation-State and Military
6. Evangelism and Nonviolence
7. The Pluralism and Pluralistic Theologies of Religion
9. Evangelism and Beauty

Epilogue: The Meaninglessness of Apologetics
References
Index

 本書の立場は、最後のエピローグなどで端的に示されている。参照されるのは、バルトであり、ウェスレー。アメリカならではの議論の展開?

アメリカとキリスト教

 この数回、アメリカに関わる文献を取り上げてきたが、今回は、宣教論という視点からのアメリカである。本ブログでは、宣教論を取り上げることはこれまでほとんどなかった。しかし、宣教自体を直接扱うのではなく、宣教「論」を論じる・紹介するのは、本ブログの範囲内と考えてもよいだろう。エキュメニズムとの関わりで言えば、現代の宣教論、とくに「神の宣教」論は、現代キリスト教思想を論じる上で、言及して然るべき動向である。

Craif Van Gelder and Dwight J. Zscheile,
Participating in God's Mission. A Theological Missiology for the Church in America,
Eerdmans, 2018.

List of Illustrations
Foreword by John R. Franke
Acknowledgments
Introduction

Part 1: Defining the Challenge
1. Why a Theological Missionlogy for the United State?
2. Developing a Missiological Approach to the Church in the United States

Part 2: Understanding the Challenge
3. The Colonial Experience, 1660s to 1780s
4. The Expanding Frontier, 1790s to 1879s
5. The Church in the City, 1880s to Early 1940s
6. The Suburban Success, Mid-1940s to Mid-1970s
7. Late-Modern Success Strategies, Mid-1970s to Early 2000s

Part 3: Engaging the Challenge
8. A Missiological Interpretation of the Contemporary Cultural Environment
9. Participating in the Triune God's Mission
10. Church Organization and Leadership Formation for a New Missionary Age
11. Conclusion: Toward a Faithful Future

Appendix: Ecumenical and Evangelical Mission Conferences of the Twentieth and Twenty-first Centuries

Selected Bibliography
Index




キリスト教シオニズム

 昨日は、ピューリタン文学という視点からのアメリカに関わりのある文献を紹介したが、今回は、同じアメリカでも、キリスト教シオニズムというテーマからアメリカに関わる文献を取り上げたい。
 シオニズムと言えば、当然現代のユダヤ教が問題になるわけであるが、実は、キリスト教シオニズムはユダヤ教シオニズムとも密接な関わりがあり、後で文献を挙げるように、日本のキリスト教思想とも無関係ではない。

Samuel Goldman,
God's Country. Christian Zionism in America,
University of Pennsylvania Press, 2018.

Introduction

Part I. The Wilderness and the Eagle
Chapter 1. All Israel Shall Be Saved: The Calling of the Jews and
       the Errand into the Wilderness
Chapter 2. On Eagles' Wings: Jewish Restoration and the
       American Republic

Part  II. American Cyrus
Chapter 3. Gather Yourselves Together:
       From Restorationism to Zionism
Chapter 4. I Will Not Utterly Destroy the House of Jacob:
       Liberal Protestantism and the Partition of Palestine

Part III. God's Country
Chapter 5. The God of the Armies of Israel: Zionism and
       Judeo-Christian Civilization
Chapter 6. I Will Bless Those Who Bless You:
       Zionism and the Christian Right

Conclusion
Notes
Bibliography
Index
Acknowledgements

 先の述べた、キリスト教シオニズムに関わる文献は、以前に紹介したことのある、次の文献である。

役重善洋
『近代日本の植民地主義とジェンタイル・シオニズム──内村鑑三・矢内原忠雄・中田重治におけるナショナリズムと世界認識』
インパクト出版、2018年。
  

文化の神学、文学編

 これまで本ブログでは、「文化の神学」という視点から、さまざまなテーマを取り上げてきた。今回は久しぶりに文学、特にアメリカのピューリタン文学に注目したい。ピューリタン文学と言えば、ホーソンの『緋文字』がすぐに思い浮かべられるが、その広がりと奥行きは、さらなる探究が必要なものとなっており、アメリカという国家を理解する上でも、一度は踏み込んでおきたい領域である。
 次に紹介するのは、最近のピューリ文学研究の成果である。

Bryce Traister (ed.),
American Literature and the New Puritan Studies,
Cambridge University Press, 2017.

List of Illustrations
List of Contributors
Acknowledgements

1. Introduction: The New Puritan Studies
  Bryce Traister

Part I: Unexpected Puritans
2. Sovereignty and Grace: Hobbes and the Puritans
  Paul Downes
3. Sabbatai Sevi and the Ottoman Jews in Increase Mather's
 The Mystery of Israel's Salvation
  Nan Goodman
4. Benjamin Colman, Laughter, and Church Membership in Late Seventeenth- and Early Eighteenth-Century Massachusetts
  Michael Schuldier
5. A Pre-Millennial Portrait during the Revocation of the Massachusetts Chater
  Linda M. Johnson

Part II: Puritanism's Others
6. Imperial Translations: New World Missionary Linguistics, Indigenous Interpreters, and Universal Languages in the Early Modern Era
  Allison Margaret Bigelow
7. Native Poetics in Edward Johnson's Wonder-Working Providence of Sions Saviour in New England
  Betty Booth Donohue
8. Pregnancy and Anxiety: Medicine, Religion, and the Occult in Cotton Mather's The Angel of Bethesda
  Brice Peterson
9. Piracy, Piety, and Providence in Cotton Mather's The Vial Poured Out upon the Sea
  Jason M. Payton

Part III: Puritan Afterlives
10. Puritan Acts and Monuments
  Jonathan Beecher Field
11. Toward Digital Puritan Studies: Iconoclasm, Child Mortality, and Patterns of Mourning in the Father Gravestone Collection
  Harry Brown
12. What Do We Know about the New England Puritans, and When Did We Know It? Twenty-First Century
  Reconsiderations of William Bradford and John Winthrop
  Michael Ditmore
13. Claiming the High Ground: Catholics, Protestants, and the City on a Hill
  Abram Van Engen
14. Afterword: ". . . And American Literature"
  Bryce Traister

Selected Bibliography
Index

 どうです。現在のピューリタン研究が面白いことになっていることが、わかるでしょうか。

 

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR