ティリッヒと動物倫理

 久しぶりにティリッヒ研究の紹介です。後期ティリッヒ思想に特徴的な議論として、「多次元的統一体としての生」(生の次元論)が挙げられます。これは、従来は自然哲学として、あるいは医療・病・健康などの議論として論じられることが多くありましたが、その射程はかなり遠くまで及んでおり、近年、キリスト教思想でも注目の動物倫理との関わりも問題となって当然と言える。
 今回取り上げるのは、The Palgrave Macmillan Animal Ethics Series に収められたものであり、新しいティリッヒ研究の一領域としても注目したい。

Abbey-Anne Smith,
Animals in Tillich's Philosophical Theology,
Palgrave, 2017.

Series Editors' Preface (Andrew Linzey and Prischilla N. Cohn)
Acknowledgements

Part I An Exposition of Paul Tillich's Systematic Theology
1 Indroduction
2 The Shape of Tillich's System: A Methodological Introduction
3 Paul Tillich's Systematic Theology

Part II A Critical Examination of Key Tillichian Concepts and Their Adequacy in Relation to Nonhuman Animals
4 Tillich's Concept of Technical Reason
5 The Creator and Creation in Tillich's Systematic Theology
6 The Implications of Tillich's Christology for Animals and Creation in his Systematic Theology
7 The Multidimensional Unity of Life

Part III Positive Concepts in Tillich's Syetamatic Theology with Respect to Nonhuman Animals and Creation
8 An Examination of the Method of Correlation in Tillich's Systematic Theology 
9 The Concept of 'Universal Salvation'
10 Tillich's Interpretation of the Fall and Its Relevance to Creation and Animals
11 In Summary

Bibliography
Index

 文献表と注からみたところでは、本格的なティリッヒ研究ということではないようであるが(文献表と注からだけでも、研究のレベルはある程度判断できる。特に第一部は、一般的な概説)、本書からこの研究領域についての次の議論の展開は期待できるであろう。

スポンサーサイト

ティリッヒ研究の動向

 久しぶりのティリッヒ研究の紹介です。
 京都大学のわたくしの演習では、昨年度よりアメリカ亡命期のティリッヒの講義録を取り上げていますが、これは、現在のティリッヒ研究の最新の動向の一つと言えるものです。前期ティリッヒから中期への思想展開をそこで分析することが可能であり、さまざまな新たな発見がなされています。といわれても、その内実はイメージしにくいと思いますが、わたりにくいかもしれませんが、まさにこの亡命期のティリッヒを扱った研究論集が刊行されました。現在のティリッヒ研究をリードする研究者が寄稿していますが、その分析力はどの程度でしょうか。

Christian Danz und Werner Schüßler (herausgegeben von),
Paul Tillich im Exil (Tillich Research 12),
De Gruyter, 2017.

Vorwort (Christian Danz und Werner Schüßler)

・Between two Worlds -- Paul Tillich im Exil (Christian Danz / Werner Schüßler)
  Einleitung

・Paul Tillich im Exil (Friedlich Wilhelm Graf)

l .Exilanten-Netzwerke
・Kulturelle Netzwerke des deutschsprachigen Exils in den USA (Primus-Heinz Kucher)

・Interpretations of History Out of Revolution and Exile. (Christian Roy)
  The Correspondence Between Eugen Rosenstock-Huessy and Paul Tillich

・Frankfurter Streitkultur im Exil (Christian Danz)
  Horkheimer, Adorno und Tillich über Anthropologie

ll. Council for a Democratic Germany
・Kairos und 'Dritte Kraft' (Claus-Dieter Krohn)
  Paul Tillichs Dislurs- und Kampfgemeinschaft mit Adolf Löwe für eine freie und gerechte Gesellschaft

・"Die Nicht-Unterscheidung von Theorie und Praxis" (Alf Christophersen)
  Paul Tillich, Emil Ludwig und der Council for a Democratic Germany

・Für Deutschland, nicht gegen Deutschland -- Paul Tillichs Sicht auf Ursachen und Funktionsweise der NS-Diktatur (Winfrid Halder)
  Eine Analyse seiner Radioanspruchen für die 'Voice of America' (1942-1944) im Vergleich mit Thomas Manns Dadiosnspruchen für die BBC (1940-1945)

lll. Paul Tillich und die amerikanische Theologie
・Tillich's American Theology on the Boundary between Native and Alien Land (Mary An Stenger)

・Tillich and American Theology (Frederick J. Parrella)

lV. Tillichs Frühe Vorlesungen im Exil
・Tillichs New Yoker Vorlesungszyklus ,Advanced Problems in Systematic Theology ' (1936-1938)
(Erdmann Sturm)

・'The doctrine of man as the present approach to theology' (Martin Fritz)
  Tillichs Anthropologie im Ünergang von Deutschland in die USA

・Tillichs 'existentialistic turn' (Werner Schüßler)
  Seine Wende von der Transzendentalphilosophie zur Existenzphilosophie un der Zeit des Übergangs von Deutschland in die USA

V. Theologie im Exil
・Das Exil in der 'Systematischen Theologie' Paul Tillichs (Notger Slenczka)

・Religion im Exil (Wilhelm Gräb)

・Die Tillichrezeption im deutschsprachigen Raum von 1933-1965 (Georg Neugebauer)
  Ein exemplarischer Überblick

Autorenverzeichnis
Personenregister
Sachregister

 第一部から第三部までの議論は、その研究テーマの設定はこれまでも行われてきたものであり、内容はある程度想像可能なものです。それに対して、今後ティリッヒの思想研究で追求されることになるのは、第四部と第五部での問題であり、京都大学の演習で注目しているのは、まさにこの部分です。

ティリッヒとバルト

 久しぶりのティリッヒ研究の紹介です。現代神学の領域では、ティリッヒとバルトの比較・対論というテーマ設定は繰り返し行われてきたものであるが、それぞれの歿後50年という時間経過の中で、再度このテーマ設定のもとでの論集が刊行された。ティリッヒ研究ではお馴染みの顔ぶれも少なくない。議論の枠を広げた後半の論考はなかなか面白そうである。

Mireille Hébert, Anne Marie Reijnen (éd./eds),
Paul Tillich et Karl Barth: Antagonismes et accords théologiques.
Tillich and Barth:Theolgical Dis/Agreements
.
(Tillich-Studien Band 23)
Lit, 2016.

Préface et présentation
Ouverture: Paul Tillich et Karl Barth entre cobvergences et divergences (Bernard Reymond)

I. Paul Tillich et Karl Barth en leurs thématiques
La conception de l' Écriture dans la Dogmatique de Barth et la Théologie sustématique de Tillich (Nicola Stricker)
Revelation as Salvation (Matthias Grebe)
Communauté politique er Règne de Dieu. Théologie et socialisme chez Tillich ey Barth (Étienne Highet)
Sur la <>: Karl Barth et Paul Tillich (Lucie Kaennel)
Paul Tillich and Divine Ineffability (Guy Bennett-Hunter)
Le point d'attache kantien dans la Religionsphilosophie de Tillich en 1920 (Claude Perrottet)
Tillich and Barth on the Church: A Catholic Perspective (Frederick J. Parrella)
Tillich, Barth et la théologiw des religions (Jean-Marc Aveline)
A "'Subterranean' Group of Fellow-Laborers" between Barth and Tillich: God's Revelation and the Overcoming of the Conflicts between Religion and Culture in Modern Societies (Christian Danz)

II. Barth, Tillich et les autres
Théologie et sciences religieuses aprèa Barth et Tillich (Pierre Gisel)
Le rapport entre théologiw et philosophie à la suite de Barth et Tillich (Benoit Bourgine)
Pour une théologie de la conscience religieuse: Ernst Troeltsch, Karl Barth et Paul Tillich (Jean Richard)
Fundamentalist and Evangelical Responses to Barth and Tillich: From Revelation and the Word of God to Truth (Mary Ann Stenger)
L'immanence dadicale contemporaine comme critique de Barth et de Tillich (Christophe Boureux)
The Shape of British Theology in the Late Twentieth and Early Twenty-First Centuries (Russell Re Manning)
Post-scriptum: Schleiermacher, un fils légitime de Descartes (Michael Trowitzsch)
Adress posthume: Charles Harshorne (Nadine Manson)

Présentation des auteurs

ティリッヒのキリスト論

 ティリッヒを神学という視点で問題にする場合に、キリスト論は重要な研究テーマとなる。問題は、伝統的なキリスト論的な問題系との関連づけであるが、思想史的な問題連関と論理的な思考連関を切り分けつつ分析をする必要があり、思いの外、難しい。
 今回紹介するのは、Tillich-Studien Band 24 に収録の研究文献である。

Britta Baumert,
Die Kehrseite der Anschssfähigkiet. Zur Prä- und Postexistenz des Logos in Auseienandersetzung mit der Christologie von Paul Tillich,
Lit, 2013.

Gliederung
Danksagung

Einleitung

1. Paul Tillichs Anschlussfähigkiet im Spiegel der Logos-Theologie
  1.1 Einführung in die Denkmuster und Strukturen der Logos-Theologie
  1.2 Die Lgos-Christologie nei Paul Tillich
  1.3 Analyse der Logos-theologischen Denkmuster und Strukturen bei Paul Tillich und ihre Auswirkungen auf die Anshcussfähingkeit
  1.4 Kritik an Tillichs Logos-Christologie

2. Analyse der Prä- und Postexistenz in der Logos-Christologie von Paul Tilich--die Kehrseite
  2.1 Herleitung des Kriteriums der Kohärenz von Prä- und Postexistenz
  2.2 Problemdarstellung am Beispiel der Logos-Christologie von Markell von Ankyra
  2.3 Anwendung der Kriterium auf sie Lgos-Christologie von Paul Tillich
  2.4 Bewertung der Konstanz von Prä- und Postexistenz in Tillichs Logos-Christologie
  2.5 Reflexion der Bedeutung der Konhärenz von Prä- und Postexistenz in Bezug zur Inkarnation

3. Gegenwurf zur Logos-Christologie von Paul Tillich
  3.1 Die Christologie von Friedrich-Wilhelm Marqardt
  3.2 Kohärenz der Prä- und Postexsitenz Christi in der Christologie von Marquardt

4. Aus wertung und Aktualizierung der Ergebnisse
  4.1 Auswirkungen der Kohärenz auf Strukturen und Denkmuster der Logos-Theologie
  4.2 Ausblick

Literaturverzeichnis

ティリッヒ研究の新しい動向2

 ティリッヒは、昨年が歿後50年にあたり、京都大学キリスト教学専修でも、小さいながら、研究室紀要において、ティリッヒ特集を企画した。この半世紀の間に、ティリッヒ研究も多様な展開を示し、現在に至っている。発展史的な区分に即して言えば、後期ティリッヒから前期ティリッヒと初期ティリッヒへと展開であり、近年、さらに前期から中期への展開が予想される。この予想は、ドイツ語版ティリッヒ全集の補遺遺稿において、前期と中期をつなぐ、講義録が次々に刊行されつつある、ということに基づいている。たとえば、次のものである。

・補遺遺稿(ENGW.)XVII, 2012.
Paul Tillich. Frühe Vorlesungen im Exil (1934-1935)
これはアメリカ亡命直後の時期に、ユニオン神学校とコロンビア大学で行われた講議論である。ここから中期がはじまるわけであるが、中期の特徴と言えるキーワード、Welt-Haben、Selbst-Haben が登場し、また後期の『組織神学』に結実する、人間論(Die Lehre von Menschen)が展開され始めていることがわかる。
 この巻に収録の講義録は、2016年度の京都大学の演習で読みつつあり、そこからティリッヒ研究あるいは宗教哲学・神学の新しい研究成果が獲得されることが期待される。本来、演習とはそのようなものである。

・補遺遺稿(ENGW)XVIII. 2013.
Paul Tillich. Frankfurter Vorlesungen (1930-1933)
  こちらは、前期ティリッヒの最後の時期の講義録であり、中期の思索が突如出現したわけではないこと、そこにいかなる試行錯誤があったかを知る上で、重要な文献である。時期的に、『社会主義的決断』の成立期であることにも注目すべきである。

 以上は、これまでティリッヒ研究において利用できなかった資料であり、こうした資料の刊行が研究に大きな影響を与えることは、当然のことである。資料の急増は、計画的でいっそう地道な研究作業を要求し、同時に、研究を構想する力も問われることになる。
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR