FC2ブログ

寛容な社会? 不寛容な人びと

 1990年代からしばらくの間、「寛容」というテーマが、現代思想で目立った時期がある。思想世界の流行はその後移ろいゆくことになるが、現実世界では、依然として寛容と不寛容とは、深刻な問題として存在し続けている。キリスト教思想にとっても、寛容論は過ぎ去った問題ではなく、常に現実の中で問われ続けられねばならない。
 こうした中で出会ったのが、次の文献である。

真鍋厚
『不寛容という不安』
彩流社、2017年。

プロローグ 「生きづらさ」と「不寛容」

第一章 誰が世界を壊したがっているのか
第二章 すべての歴史は修正を免れない
第三章 暴力と排除をこよなく愛するアイデンティティ
第四章 どんなユートピアもデストピアである
第五章 人間に永遠の命を与えるのは国家だ
第六章 〈感情〉という怪物が徘徊している
第七章 世界史の教科書に載らない何千万もの死者たち
第八章 居場所なき時代の絶望、または希望

エピローグ 「敵」でも「味方」でもないものの方へ


参考文献
映像資料

エピローグでの筆者の言葉を借りれば、本書の主張は、次のようになる。

「筆者が本書でいいたかたことは、自分たちの現在地についてのマッピングと来歴についてのリマインドを常に行わなければならない不安定さを受け入れながら、「価値観」「世界観」「主観」「妄想」「虚構」に必要以上にのめり込むことなく、少ない社会的資源を自らの手でつなぎ合わせて生活の基盤となる人的ネットワークを作ることの重要性だ(というかそれ以外に途はないだろう)。しかしながら、ここには新しい認識との出会いと創造性の発揮という冒険心や知的好奇心をくすぐるエキサイティングな地平が広がっているはずだ。」
スポンサーサイト



宗教・身体・社会

 歴史的な視点から宗教を論じる際に、最近の動向では、身体(性・家族に関わる)に注目した研究が目に付くように思われる。キリスト教に関しても、古代、中世、近世、近代、現代の時代を問わず、身体はキーワードになっており、現代思想の動向とも密接に関わり合っていることが分かる。今回紹介するのは、こうした研究動向をよくあらわしていると言えよう。

Bryan S. Turner,
The Body & Society,
Sage, 2008 (Third Edition).

Acknowledgements
Introduction to the Third Edition

 1 The Mode of Desire
 2 Sociology and the Body
 3 The Body and Religion
 4 Bodily Order
 5 Eve's Body
 6 The End of Patriarchy?
 7 The Disciplines
 8 Government of the Body
 9 Disease and Disorder
10 Ontology of Difference
11 Bodies in Motion
12 The Body and Boredom
13 Epilogue: Vulnerability and Values

References
Index


リスク社会論と日本

 制度的再帰性の近代論やリスク社会論で著名な社会学者(3年前に逝去)であるウルリッヒ・ベックは、日本での連続シンポジウム「個人化する日本社会のゆくえ──ベック論の可能性」(2010年10、11月)に参加したが、その記録論集に、フクシマの大震災と原発事故について文章を寄せている。今回、取り上げるのは、この記録論集である。

ウルリッヒ・ベック、鈴木宗徳、伊藤美登里編
『リスク化する日本社会──ウルリッヒ・ベックとの対話』
岩波書店、2011年7月30日。

・はじめに (鈴木宗徳、伊藤美登里)
・この機会に──福島、あるいは世界リスク社会に於ける日本の未来
 (ウルリッヒ・ベック)

Ⅰ 再帰的近代化の中の個人と社会──社会理論の現在
第1章 個人化の多様性──ヨーロッパの視座と東アジアの視座
     (ウルリッヒ・ベック)
第2章 個人化論の位相──「第二の近代化」というフレーム
     (三上剛史)
第3章 二〇一〇年代の日本における個人化とベックの理論
     (樫村愛子)

Ⅱ リスクの時代の家族と社会保障──ベック理論との対話
第4章 リスク社会における家族と社会保障
     (ウルリッヒ・ベック)
第5章 個人化とグローバル化の時代における家族
     (エリザベート・ベック=ベルンスハイム)
第6章 個人化と家族主義──東アジアとヨーロッパ、そして日本
     (落合恵美子)
第7章 日本における個人化の現象──福祉国家をとおしてみる
     (武川正吾)

Ⅲ 日本と東アジアにおける多元的近代
第8章 第二の近代の多様性とコスモポリタン的構想
     (ウルリッヒ・ベック)
第9章 東アジアにおける第二の近代の社会変容とリスク予防ガバナンス
     ──ウルリッヒ・ベックとの対話
     (韓相震)
第10章 社会理論、第二の近代、「日本」
     ──アジア的パースペクティブとコスモポリタン化をめぐるベックとの対話
     (油井清光)

Ⅳ 個人化する日本社会のゆくえ
   ──コメントに対するコメント

   (ウルリッヒ・ベック)





ビジネスと宗教

 「宗教と経済」をめぐっては、多くの著書が書かれてきたが、特に「ビジネス」という視点を明確にした、しかも「入門」的な本となると、その実現はなかなか難しい仕事であり、著者には、博識な知見とともに、大きな才能が要求されるように思われる。こうした課題に取り組んだ著書が刊行された。まさに、著者ならではの、ユニークな内容である。

小原克博
『世界を読み解く「宗教」入門──ビジネス教養として知っておきたい』
日本実業出版社、2018年。

はじめに

第1章 今こそ必要とされる「宗教」の知識
     ──グローバル時代を生き抜くために
  1 なぜ宗教の知識が必要なのか
  2 ビジネスと宗教の関係
  3 利己主義と利他主義の関係

第2章 現代の宗教地図
     ──今、世界で何が起こっているのか
       全体は11の節から構成されている。

第3章 一神教を理解する
     ──グローバル・アクターとしての宗教とビジネス
        全体は、8つ節からなる。

第4章 日本宗教のユニークさ──宝は足元にある!?
        全体は7つの節からなる。

第5章 ビジネスの課題と宗教の役割
     ──これからの時代をどう生きるか
   1 何のために働くのか
   2 「休む」ことの重要性──IT時代のバランス感覚
   3 制御する(される)人生の外へ

あとがき
索引

「そもそも、この世の実際的なこと、特に利益を上げることを目的とする「ビジネス」と、一見、浮世離れした「宗教」と、どのような関係があるのかと、いぶかしく思われた方もおられるに違いありません。」(1)

認知資本主義とは何か

 久しぶりに、経済関係の文献を紹介します。本ブログなどで、わたくしはしばしば、「認知資本主義」という用語を使うことがありますが、まだ一般化しているとも言えないやや特殊な用語でもあり、文献紹介をいたします。
 認知資本主義という用語は、その内容がイメージしにくいという点で、別のネーミングが必要とも思われますが、日本において、社会主義が理論的にも実践的にも退潮に向かう、1970年代ごろから、特に1980年以降、ヨーロッパの社会主義の理論的変革の中で生じた、資本主義の新しい形態への分析用語として登場した。それは、マルクスやレーニン、そして戦後の日本の社会主義も主にイメージしていた労働や労働者が、特に先進国における労働や資本の実態との間でズレを生じているという点に関わっている。この資本と労働の変容を理論化できないことが、社会主義退潮に密接に関わっているという認識である(日本における労働組合の退潮はその典型)。というわけで、認知資本主義という理論構想が登場し、日本でも21世紀の初頭頃から、紹介され始めた。

山本泰三編
『認知資本主義──21世紀のポリティカル・エコノミー』
ナカニシヤ出版、2016年。

序論 (山本泰三)

第一章 認知資本主義──マクロレジームとしての特徴と不安定性
      (内藤敦之)
第二章 労働のゆくえ──非物質的労働の概念をめぐる諸問題
      (山本泰三)
第三章 認知資本主義と創造都市の台頭
      (立見淳哉)
第四章 コモンにおける真正性の試験と評価──テロワール・ワインと有機農産物を事例に
      (須田文明)
第五章 企業と動態能力──日本企業の多様性分析に向けて
      (横田宏樹)
第六章 コーチングという装置──認知資本主義における労務管理?
      (村越一夫・山本泰三)
第七章 クリエーターの労働と新しい地域コミュニティ
      (今岡由季恵)
第八章 ドイツの労働組合による組織化戦術の新展開
      (北川亘太・植村新)
第九章 「持続的本源的蓄積」としての研究開発──ネオコロニアリズムと研究者のプリカリアート化の関係について
      (春日匠)
第十章 認知資本主義と統治──貨幣が国家から離れるとき
      (中山智香子)

関連コラムが9つ

事項・人名索引

 都市の知識労働者、労務管理ということが、現在日本において提唱される働き方改革と重なること、労働組合の新形態と地域コミュニティーとが関連付けられること、そして仮想通貨の登場など、これらは現在の日本の状況と認知資本主義の問題意識とが無関係でないことを示している。新自由主義経済・帝国の登場が、新しい社会理論の形成を必要としているということであり、キリスト教思想が社会という文脈との関わりを保持しようとするならば、視野に入れる必要がある動向である。
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR