神学と心理学(2010/10/31)

自然神学は、近年、自然科学に限定しても、きわめて多くの研究分野との関わりで展開しつつあります。その一つが、心理学であり、次の文献は、神学と心理学との接点の内でもとくに興味深いものの一つである、自己論をめぐるものです。とくに、神学の側から取り上げられるのは、パネンベルク。

・Léon Turner, Theology, Psychology and the Plural Self, Ashgate, 2008.
  
  Introduction
1. The Crisis of Identity: Diagnosing and Healing the Fragmented Self.
2. The Destabilisation of Identity in Contemporary Social Thought.
3. The Problem of the Self and its Representation.
4. Experiential Multiplicity, Narrative Identity and Pathologies of Self.
5. The Unity of the Person and the Doctrine of Imago Dei.
6. Pannenberg and McFadyen in Dialogue with Psychology.
Conclusion: Reconfiguring Theology's Dialogue with Psychology.
Bibliography
Index
スポンサーサイト
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR