FC2ブログ

ティリッヒ研究文献(29)

 前回に続き、マーサ大学出版からの論文集を、このブログとの関わりを念頭に置きつつ、紹介したい。

Raymond F. Bulman & Frederick J. Parrella (eds.)
Religion in the New Millennium: Theology in the Spirit of Paul Tillich,
Mercer University Press, 2001.

I. Prologue
・Introduction (Raymond F. Bulman & Frederick J. Parrella)
・The Religious Situation at the End of the Twentieth Century (Langdon Gilkey)

II. Economy, Society, and Religion
・Rereading Tillich in Latin America: From Religious Socialism to the Exile (José Míguez Bonino)
・The Question of Nationalism (Jean Richard)
・The Relevance of Tillich's Concept of Creative Justice in the New Millennium (Peter Slater)
・The Religious Situation and Resistence in 2001 (Ronald H. Stone)

III.Women and Religion
・Gender, Ecology and the Crisis of Religious in the New Millennium (Rosemary Radford Ruether)
・The Goddess, Mother of the Trinity: Tillich's Late Suggestion (John P. Durley)
・Debates About Intersubjectivity (Guy B. Hammond)
・Women and Religion and the New Millennium (Sharon P. Burch)
・"Spiritual Community" in Global Activism for Women (Mary Ann Stenger)

IV. Religion and Arts

V. Spirituality and Interreligious Dialogue
・Compassion in Buddhist Spirituality (Taitetsu Unno)
・Religious Diversity: From Tillich to Lindbeck and Back (Marc Boss)
・Spirituality for the Twenty-first Century: A Panel
The Spiritual Situation: An Introduction (Frederick J. Parrella)
Paul Tillich's Three Gifts to Us for Spirituality in the Twenty-first Century (Marcia MacLennan)
Paul Tillich and Spirituality for the Twenty-first Century (Ruwan Palapathwala)
A Tillichian Critique of Contemporary Spirituality (Owen Thomas)

VI. Science and Religion

VII. Epilogue
The Religious Meaning of the Coming Millennium (Raymond F. Bulman)

ティリッヒ研究の多様な広がりがよく現れている。もちろん、これがすべてではないが。特に、ティリッヒ研究が伝統的な教派神学から大きく外側へ広がっていることは、執筆陣の顔ぶれからもわかるだろう。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR