FC2ブログ

ティリッヒ研究文献(30)

 マーサ大学出版関係は前回までとし、英語圏での研究文集で有名なものをいくつか補足しておきたい。まずはこれ。編集者がそうそうたるメンバー、おそらく、この時期のティリッヒ関連では、長老クラス。

James Luther Adamas, Wilhelm Pauck, Roger Lincoln Shinn (eds.)
The Thought of Paul Tillich,
Haper & Row, 1985.

Preface
1. Introduction: The Storms of Our Times and Starry Night (James Luther Adamas)
2. To Be or Not to Be: Tillich on the Meaning of Life (Wilhelm Pauck)
3. Tillich as Interoreter and Disturber of Contemporary Civilization (Roger L. Shinn)
4. Tillich and the Crisis of the War (Walter A. Weisskopf)
5. Tillich's Religious Socialism: "Creative Synthesis" or Personal Statement? (Dennis P. McCann)
6. Tillich and Depth Psychology (William R. Rogers)
7. The Anxiety of Being (Ann Belford Ulanov)
8. Tillich's Legacy and the New Scene in Literature (Nathan A Scott, Jr.)
9. Tillich and the Religious Interpretation of Art (Robert P. Scharlemann)
10.Tillich and Jewish Thought (Albert H. Fiedlander)
11.Tillich, Kraemer, and the Encounter of Religions (Joseph M. Kitagawa)
12.Tillich and the New Religious Movements (Jack Boozer)
13.The Impact of Tillich's Interpretation of Religion (John E, Smith)
14.Tillich and Contemporary Theology (David Tracy)
15.Tillich and the Art of Theology (John Powell Clayton)
16.Tillich and the Catholic Substance (Thomas Franklin O'Meara)
17.The New Being and Christology (Langdon Gilkey)
18.The Role of the Theologian in Contemporary Society (Langdon Gilkey)

Sopplement: Open Letter to Emanuel Hirsch, Paul Tillich (Translated by Victor Nuovo and Robert P. Scharlemann)
Appendix: A Short Chronology of Tillich's Life

 きわめて充実した論文集であり、こうした研究論文集をふまえることが、ティリッヒ研究の進展には不可欠である。個人的な関心での覚え書き的な研究にもそれなりの意味はあるが、思想研究が公共の知的営みとして存在するためには、研究は蓄積であり積み上げてある必要がある。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR