FC2ブログ

ティリッヒ研究文献(39)

 久しぶりに、ティリッヒ研究文献の紹介を行います。第5回のティリッヒ国際シンポジウムの報告論集であり、執筆の顔ぶれからも、充実した討論が行われたものという印象です。
 今回のテーマは、ティリッヒの宗教思想の中心概念の一つであるパラドクス・逆説をめぐるものですが、副題にあるように様々な学科横断的なアプローチが必要なものであり、ティリッヒのパラドクスをめぐる思索は、それにぴったりの素材と言えます。ティリッヒは、1957年の『組織神学』第二巻で、パラドクス概念の複合的性格を指摘する仕方で、議論を整理していますが、パラドクスは、論理的(言語論的→象徴論的)概念という学の形式性に関わるだけでなく、思想(神学・哲学)の内容自体にも関わります(キリストとしてのイエス、啓示)。また、パラドクスはそれに触れる(読む、聞く、経験する、直面する)人に及ぼす効果という視点からも問題化します。ティリッヒではこれらすべてが問題となり、それはこの論集の三部構成という形式に関わっています。

Gert Hummel (ed.)
The Theological Paradaox.Interdisciplinary Reflections on the Cebtre of Paul Tillich's Thought. Proceeding of the V. International Paul Tillich Symposium held in Frankfurt/Main 1994 / Das theologische Paradox. Interdisciplinäre Reflexionen zur Mitte von Paul Tillichs Denken. Beiträge des V. Internationalen Paul-Tillich-Symposions in Frankfurt/Main 1994.
Walter de Gruyter, 1995.

Vorwort

I. Das Paradox als Kategorie theologischen Denkens

Paradox. Eine Skizze (Oswald Bayer)
Theology Beside Itself (Charles E. Winquist)
Das Fortwirken des chrisitoligischen Paradoxes in der Religionsphilosophie und Religionstheologie Paul Tillichs (Werner Schüßler)
Das absolute Paradox als Prinzip der Theologie und Kultur in Paul Tillichs "Rechtfertigung und Zwiefel" von 1919 (Erdmann Sturm)
The Paradox of Justification According to the Scoialist Tillich (Jean Richard)
Paradox und Dialektik - Paul Tillich und die Lebensphilosophie (Yorick Spiegel)
Paradoxie des Glaubens und Geschichtlichkeit der Offenbarung (Jean-Claude Petit)

II. Das Paradox als Methode dogmatischen Verstehens
Anwesenheit Gottes als Gegebensein des Michtgegebenen (Robert P. Scharlemann)
The Paradox of Complementarity in Tillich's Doctrine of God (Wessel Stoker)
Tillich's Christology in Light of Chalcedon (A. James Reimer)
Jesus as the Christ or the Christ as Jesus: How Paradoxical is Tillich's Paradox? (Gabriel Vahanian)
Das anthropologische und das christologische Paradox (Günther Keil)
Das christologische Paradox und seine Transformation in die Sprache der Symbole (Bertram Schmitz)

III. Das Paradox als Funktion religiöser Rede und Praxis
Gotteserfahrung bei Tillich und die Schwierigkeit, huete von Gott zu reden (Marc Dumas)
The "Kairos" of the Great War: Some Aspects of English and American Culture seen in the Light of Paul Tillich's Reaction to the War (Robert Giannini)
Paul Tillich und das unüberwindliche Paradox der Architektur (Bernard Reymond)
Ont the Daul and Paradoxical Use of the Scientific Discipline in the Systematic Theology of Paul Tillich (G.O. Mazur)
Tillich's Theological Paradox: Cross-Cultural and Feminist Applications (Mary Ann Stenger)
Paul Tillich and Mircea Eliade and Their Use of Paradox (Terence Thomas)

 常連も新人も、ティリッヒ研究のこの国際的な多様な進展は、その後いかなる展開を示すことになるでしょうか。引き続き、ティリッヒ研究文献の紹介を行います。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR