FC2ブログ

ティリッヒ研究文献(45)

 いよいよ今回から、Lit Verlag社から出版されたティリッヒ研究論文集(Tillich-Stuienシリーズの中で)の紹介が始まります。主なものは、ティリッヒ国際シンポジウムの報告論集(De Gruyter社から移行)で、2000年の第8回シンポジウムから、Lit Verlag社からの刊行になります。2000年という区切りもあってか、報告書文集は、これまでにない大部のものとなっており、全体が500頁を超えるものです。発表者の数も、内容も多岐にわたっています。

Gert Hummel, Doris Lax (ed.)
Mystisches Erbe in Tillichs philosophischer Tehologie / Mystical Heritage in Tillich's Philosophical Theology. Beiträge des VIII. Internationalen Paul-Tillich-Symposions in Frankfurt/Main 2000. / Proceeding of the VIII. International Paul Tillich Symposium held in Ftrankfurt/Main 2000. (Tillich-Studien Band 3)
Lit Verlag, 2000.

Zur Einfüfrung (Gert Hummel)

Erste Abteilung: Systematisch-theologische Klärungen
Part One: Systematic-Theological Clarifications


Mystik. Grundzüge ihres evangelischen Begriffs (Oswald Bayer)
Mystik als Element der Religion. Zur Bedeutung und systematischen Funktion des Mystikbegriffs für die Religionsphilosophie und Theologie Paul Tillichs (Christian Danz)
Sinn und Funktion des Begriffes Mystik in Tillichs frühen Schriften (Hermann Fischer)
Mystical Impulse and Protestant Principle (Young Ho Chun)
The Mystical Correlate of Systematic Appearance in Tillich's Systematic Theology (Robert P. Scharlemann)
"Nicht Mystik, sondern Hoffnung" -- Zur msytischen Verwurzelung von Tillichs Unbehagen an der Mystik (Jean-Claude Petit)
The Mystical in Religious Experience: Tillich's Transcendental Theology of Experience (Wessel Stoker)
Überwindung der Subjekt/Objekt-Spaltung? Zur Funktion der Mystik bei Paul Tillich (Dirk-Martin Grube)

Zweite Abteilung: Theologie- und religionsgeschitliche Wurzeln
Part Two: Roots in the History of Theology and Religions


Mysticism and Prophecy. The Heritage of Another Paul (Maarten De Jong)
Coincidentia oppositorum und Rechtfertgung -- das cusanische Erbe in Paul Tillichs Denken (Marc Boss)
Mystical Identity and Acceptance "In Spite Of": Paul Tillich as a Synthesis of Cusanus and Luther (Robison B. James)
Mystik bei Luther und Tillich (Reinhold Mokrosch)
A Critical Evaluation of Paul Tillich's Appropriation of Jakob Boehme (John P. Dourley)
Das Heilige als Kategorie bei Rudolf Otto und Paul Tillich (Anne Marie Reijnen)
The Ontological Concept of the Mystical in Paul Tillich (Jean Richard)
Mystik und Ethik bei Paul Tillich (Erdmann Sturm)
Paul Tillich and the Roman Catholic Mystical Tradition (Frederick J. Parrella)

Dritte Abteilung: Dogmatische An-wendungen
Part Three: Dogmatic Application


Mystische Einung oder Dialog von Angesicht zu Angesicht. Paul Tillichs Theologie des Gebets (Peter Haigis)
Mysticism or Spirituality? The Concept of Prayer in Tillich's Theology (A. James Reimer)
Tillich und die Mystik. Einige Erwägungen (Aad S. L. Woudenberg)
Marginalien zu Offenbarung und Mystik (Zdenek Kucera)
Gestalten der Gnade -- Paul Tillichs christusmystischer Engelsbegriff (Jörg Eickhoff)
Tillich's Notion of Essentialization -- A Preliminary Spreadsheet of Observations (Durwood Foster)

Vierte Abteilung: Lebensweltliche Aspekte
Part Four: Life-Oriented Aspects


Die msytiache Farbe der Person und Theologie Paul Tillichs (Teije Brattinga)
Tillich's Ambiguous Attitude Toward Mysticism (Donald F. Dreisbach)
Tillichs msytisches Erbe: aktuelle Aspekte (Wolfgang Nethöfel)
Dogma into Poetry (Gabriel Vahanian)
Mystizismus und Synkretismus in der neuen Spiritualität Brasiliens: Rechtfertigung und Kritik in der Perspektive der Theologie Tillichs (Etienne Higuet)
Mysticism and Popular Religion in Brazil (Jaci Maraschin)
A Comparison of Spiritual Presence with Buddhist Sunyata (Mary Ann Stenger)
Jenseits von Gorr? (Bertram Schmitz)
Beyond the Mystical to Meaning (A. Arnold Wettstein)

・出版社が変わったからといって、国際シンポジウムの内容が大きく変化したわけではありません。また、研究水準も大きな変化はないものと思われます。

・今回のテーマである「神秘主義」は、ティリッヒ研究に即しても、この論集に収めされた諸論考が示すように、きわめて広範な問題領域に及ぶものですが、それは、ティリッヒ研究に固有の事情というよりも、むしろ、キリスト教・宗教と神秘主義との関連自体がもたらしたものと言うべきでしょう。神秘主義は、これまでも何度か研究の波がありましたが、この2000年前後は、関連の研究が盛んであったように記憶しています。流行を超えた地道な研究を続ける必要もありますが、研究にも流行があるのは否定できません。これは、日本の思想状況を考えればすぐにわかることです。

・「神秘主義」という事柄の解明は、さらなる研究課題であることを、この論文集は示しているように思います。

・この論集での新しい動向としては、南アメリカ(ブラジル)の新しい宗教動向が神秘主義との関わりで論じられていることです。キリスト教はいよいよ多様化しつつあります。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR