FC2ブログ

ティリッヒ研究文献(48)

 隔年でドイツで開催されているティリッヒ国際シンポジウムとは別に、フランスでも国際ティリッヒ・シンポジウムが、フランス・ティリッヒ学会によって開催されている。今回紹介するのは、その報告論文集であり、Lit Vrelag社から、Tillich-Studienのシリーズの一冊として刊行された。Lit Verlag社からは、その後も、フランスのティリッヒ研究に関する出版がなされており、ドイツやアメリカ以外の地域での研究動向を知る上で重要である。


Marc Boss, Doris Lax, Jean Richard (éd.)
Mutations religieuses de la modernité tardive: Actes du XIVe Colloque International Paul Tillich, Marseille, 2001. (Tillich-Studien Band 7)
Lit Verlag, 2002.

Présentation
English Introduction
Deutsche Einleitung

I. Théologie de la culture: la modernité fragilisée?
Mythe et modernité chez Paul Tillich (Martin Leiner)
L'au-delà de la morale et le kairos du singulier pluriel: déplacements postmodernes des éthiques et des religions (Denis Müller)
Le kairos: Critique et reconstruction de l'idée moderne de progrès (André Gounelle)
Paul Tillich et le «vertige du moderne» (Pierre Brunel)
Première Guerre mondiale et apories de la modernité (Pierre Gisel)
Diabologie et modernité: une relecture de Luther, Barth et Tillich (Bernard Hort)
La quasi-religion du marché comme exacerbation de al modernité (Christophe Boureux)
Reliigon et postmodernité: la possibilité de l'expression du sacré (Jaci Maraschin)
Théorie de la religion, thérie sociale et théorie de la culture: une homologie de structure chez Paul Tillich (Ikonga Wetshay)
Évolutions récentes du catholicisme au Brésil: un rapport ambigu à la modernité (Étienne Higuet)
Vers de nouveaux mondes: la migration dans l'oeuvre-vie de Tillich (Anne Marie Reijnen)

II. Théologie des religions: l'épreuve du pluralisme religieux
Les racunes de la foi selon le jeune Tillich: jalons pour une théologie des religions? (Doris Lax)
«Chaque religion est seule vraie»: Paul Tillich et Simone Weil sur la possibilité d7un dialogue interreligieux (Hans-Christoph Askani)
Religions multiples pour mondes multiples? Paul Tillich et Paul Knitter dans le discours pluriel de la théologie des religions (Jörg Eickhoff)
La rencontre interreligieuse d'après Paul Tillich: pour une nouvelle conception de l'exclusivisme, de l'inclusivusme et du pluralisme (Robison B. James)
Thèses pur une théplogie pluraliste des religions (Jean Richard)
Théologie et sciences religieuses sur le pluralisme religieux (Jean-Mard Aveline)
Lecture tillichienne de l'Islam relisieux et politique (Théo Junker)

・今回のシンポジウムのテーマは、「近代後期の宗教変動」というものであるが、ティリッヒの文化の神学あるいは宗教の神学を近代/ポスト近代の状況で論じるというティリッヒ研究の基本的テーマをめぐるものである。文化の神学の連関では、カイロス論、トレルチ、バルトとの関わり・比較が問題となるし、また宗教の神学では、宗教的多元性をめぐる問題連関が扱われることになる。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR