民衆宗教、仏教、キリスト教

 先日、日本近代仏教史研究会のシンポジウムで話す機会があり、それについては、すでに本ブログでも報告しました。シンポジウムでは、ほかの分野の専門家の発表を聴きそして議論する、ということを通して、研究の刺激を受け、重要な知識・情報を得ることができます。

 今回、紹介するのは、このシンポジウムで議論された、「プロテスタント仏教」に関わるもので、その後、取り寄せて見たところ、きわめて興味深い内容であることがわかりました。本ブログで、ここしばらく紹介している、野呂先生の民衆宗教の問題と結びつけるならば、キリスト教研究としても重要な研究テーマになるはずです。


Richard Gombrich, Gananath Obeyesekere,
Buddhism Transformed. Religious Change in Sri Lanka,
Princeton University Press, 1988.

Preface
A Note Religious Orientation

Part One A New Religious Orientation
1. The Subject Defined
The Contemporary Religion of Sinhala Buddhists
Traditional Sinhala Buddhism
Important Departures from Tradition

Part Two Changes in the Spirit Religion
2. Re-creating Community: Cult Groups of the Spirit Religion
3. Social Change and the Dekies
Changes in the Pantheon
From Demon to Divinity: The Rise of Huniyam in Urban Religion
4. Kali, the Punitive Mother
5. Kataragama, a Center of Hudu-Buddhist Syncretism

Part Three Buddhist Developments
6. Protestant Buddhism
7. The Creation of Tradition
A Buddhist Model of Development?
Buddhist Marriage
8. The Contemporary Resurgence of Nuns
Appendix
9. The Venerable Balangoda Ananda Maitreya: Theosophy and Astrology
10. Three Buddhist Leader
Meditation and Possession: The Case of the Pereras
Uttama Sadhu, the Self-ordained Buddha
The Sun Buddha

Part Four Toward a New Synthesis?
11. The Bodhi Puja
12. Sinhala Firewalkers and the Buddhist Appropriation of Kataragama
13. Conclusion

Bibliography
Index
スポンサーサイト
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、今後開設の別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR