FC2ブログ

2013年度の研究の展望(1)

 「研究の概要」のカテゴリを使って(これまでは科研費による研究の概要をここで扱ってきたが)、わたくしの研究計画について、その都度のまとめ・メモを行うことにしたい。年度初めには、当然その年度の研究計画を立てることになるが、わたくしの場合、通常は前年度末に次の年度の研究計画を立てるというやり方をとってきた。これについては、わたくしのHP「ようこそ、芦名研究室へ」に「研究計画」として掲載してきた通りである。

 最近は、次のような項目について、研究計画を立ててきた。
1.宗教と科学
2.日本・アジアのキリスト教と宗教的多元性
3.近現代のキリスト教思想
4.近代/ポスト近代とキリスト教(政治・経済・民族)
5.その他

 今年度についても、ほぼ同様の項目について研究計画を立てる予定であるが、時期的には例年よりも遅く、5月の連休のあたりになる見込みである(諸般の事情により)。その準備として、本ブログでは、これらの項目について、少しずつ内容をまとめて行きたいと考えている。

 本日は、これからキリスト教学研究室のガイダンス(午前中は大学院、午後に全体)を行い、学生のみなさんに研究計画を立てるように勧めることになるが、勧めるわたくし自身も同様の作業を行いつつあるということである。ちなみに、来週4月11日は、大学院の博士後期課程の方々に2013年度の研究計画ということで、報告・発表の時間を設定している。また、明日は、文学部の新入生と文学研究科の新入生のそれぞれの午後からのガイダンスに出て話をすることになっている(これは役職の関係である)。というわけで、しばらくはガイダンス続きとなる。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR