FC2ブログ

近代思想史、汎神論

 近代のキリスト教思想を論じる場合、啓蒙主義の登場は画期的な意義を有するものであり、啓蒙主義をめぐる研究は現在も盛んに行われている。よりキリスト思想に関連するところでは、理神論や自然神学、そして汎神論などが重要テーマとしてあげられるであろう。今回取り上げる文献は、啓蒙主義以降の汎神論を扱ったものであり、論者はヘーゲルを詳細に論じている。特に、各部に付された文献表は詳しく参考になる。

Jean-Claude Wolf,
Pantheismus nach der Aufklärung. Religion zwishen Häresie und Poesie,
Alber, 2012.

Einteilung

Erster Teil
Pantheismus --- eine sanft vereinnahmende Vision von Gottes Allgegenwart
1.1 Pantheismus, Einfühlung, Teil und Ganzes
1.2 Einwände
1.3 Endlich, unentlich
1.4 Allgegenwart und Allmacht
1.5 Pantheismus als Vision und praktische Orientierung
1.6 Alter Christus
1.7 Konkreter Monismus
1.8 Theodizee
1.9 Erkennbarheit Gottes im Bild der guten Eltern
1.10 Toleranz und Trost
Literatur zur Einleitung und zum ersten Teil

Zweiter Teil
Hegels Diagnose des ungücklichen Bewusstseins als unbewusster Pantheismus
2.1 Vorbemerkungen
2.2 Das unglückliche Bewusstsein als unbewusster Pantheismus
2.3 Weiter Stellen bei Hegel und neuere Kommentare
2.4 Pantheismus und Selbsterlösung
2.5 Das Umschlagen des unglücklichen Bewusstseins in Atheimus
2.6 Der Kommentar von Jean Wahl
Literatur zum zweiter Teil

Dritter Teil
Ausblicke auf eine heteronome Alltagsmoral
3.1 Autunome Ethik
3.2 Heteronome Ethik
3.3 Die Rechtsethik
3.4 Schopenhauers Ethik
3.5 Heternome Alltagsmoral
3.6 Heteronomie und Hedomismus der Alltagsmoral
3.7 Pantheisumus und Heternomie
Literatur zum dreitter Teil

Vierter Teil
Hegel und der animalische Magnetismus
Literatur zum vierter Teil

Nachgedanken

Personenregister
Sachegister


スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR