FC2ブログ

律法、クムランとパウロ

 パウロ研究の動向については、これまでも本ブログでもかなりの回数にわたって取り上げてきた。パウロと政治思想、パウとレトリックなどである。しかし、これらと関連して確認しておかねばならないのは、パウロとユダヤ教というテーマである。パウロについては、ユダヤ教からキリスト教への回心という問題が伝統的に強調される傾向があるが、それが一面化されるときに、パウロ理解に歪みが生じる。もしろ、パウロにおいては、回心後も、依然としてユダヤ的なものが決定的な位置を占めていたのではないのかというか問いである。これは、パウロは後の正統教会の意味においてキリスト教徒なのかという問いへと展開されることになる。この問いの答えはいまだ開かれていると言わねばならない。こうした問題に答えるには、パウロとユダヤ教、とくに同時代のユダヤ教との比較を行う必要がある。こうした中で重要になるのが、クムラン教団とパウロとの比較である。
 今回取り上げるのは、こうした問題にとって直接関わる研究文献である。博士論文(University of Surrey(Roehampton), United Kingdom, 2002)の刊行であり、充実した内容と言える。

Jacqueline C.R. de Roo,
'Works of Law' at Qumran and in Paul,
Sheffield Phoenix Press, 2007.

Acknowledgements

Introduction

Chapter 1 'Works of the Law' in CD5.5-6,4Q174 and 4QMMT
1. Introduction
2. CD5.5b-6a
3. CD5.5b-6a and its Relation to 4Q174 and 4QMMT
4. Conclusion

Chapter 2 Atonement through 'Works of the Law' enabled by God
1. Introduction
2. The Emphasis in the Scrolls on the Necessity to Strive for Perfection
3. The Emphasis in the Scrolls on Humanity's Sinfulness
4. The Emphasis in the Scrolls on the Need for God's Help in Fighting against Sin and Performing 'works of the Law'
5. The Emphasis in the Scrolls on the Need for Atoning Sacrifices
6. Conclusion

Chapter 3 The Interpretation of 'Works of the Law' in the New Testament: An Overview and Critique
1. Introduction
2. An Overview of the Interpretation of 'Works of the Law' in the New Testament
3. A Critique of the Interpretations of 'Works of the Law' in the New Testament
4. Conclusion

Chapter 4 The Significance of Qumran Texts for Establishing the Meaning of 'Works of the Law' in the Pauline Letters
1. Introduction
2. The Phrase ・・・・ : A Third Parallel to erga nomou
3. Paul and 4QMMT
4. 'Works of the Law' are 'Works Performed' Rather than 'Works Prescribed'
5. 'Works of the Law' Expresses Obedience to the Whole Law of God, Including Both Cultic and Ethical Deeds
6. 'Works of the Law' and Vicarious Atonement
7. Conclusion

Chapter 5 'Works of the Law' and Paul's Versus his Contemporaries' Portrayal of Abraham
1. Introduction
2. Abraham's Faith/Faithfulness in Genesis 15.6
3. Abraham, his (Dis)obedience to God and the Law
4. The Abrahamic Blessing
5. Christ and Abraham as Redeemer Figures
6. Conclusion

Chapter 6 The Meaning of 'Justification apart from Works of the Law'
1. Introduction
2. How and When, according to Paul, Is a Person Justified?
3. Works Performed 'in Christ' versus 'Works of the Law'
4. The significance of Paul's Allusions to Abraham's Offering of Isaac
5. Paul's Emphasis in his Letter to Romans: A Clue to the Meaning of 'Justification apart from Works of the Law'
6. Elements in Galatians Which Hint at a Similar Argument concerning 'Justification apart from Works of the Law' as in Romans
7. Conclusion

Chapter 7 Paul's Argument concerning 'Justification apart from Works of the Law' in his Letter to the Romans
1. Introduction
2. The Historical Background to Romans
3. The Significance of 'Works of the Law' in the Argument of Romans
4. Conclusion

Chapter 8 Paul's Argument concerning Justification apart from Works of the Law' in hos Letter to the Galatians
1. Introduction
2. The Historical Background to Galatians
3. The Significance of 'Works of the Law' in the Argument of Galatians
4. Conclusion

Conclusion

Appendix 1 dicaioo
Appendix 2 pistis christou

Bibliography
Index of References
Index of Authors

スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR