FC2ブログ

パウロ研究、パウロと経済

 パウロと経済というテーマは、さまざまな仕方で設定できる。わたくしは、以前に、ホースリーの研究(聖書ノ経済思想)を紹介する中でパウロを扱ったことがあったが、その場合は、ローマ帝国の経済支配との関連が問題になった。しかし、パウロの宣教活動自体に即しても、経済・財政という観点は重要なテーマになり得る。それは、伝道者がいかにして経済的な基盤を獲得するか(信仰共同体のサポートあるいは自立)、あるいは伝道者が行う募金活動(エルサレム教会への募金)のあり方あるいは意味、といった問題である。こうした点においても、パウロは後のキリスト教会にとっての指針となってきたように思われる。ここでもパウロはキリスト教思想のポイントとなっている。
 こうした問題に関して、次の研究文献を紹介したい。

David E. Briones,
Paul's Financial Policy. A Socio-Theological Approach,
Bloomsbury,2013.

Acknowledgments
Abbreviations

Chapter 1 Approaches to Paul's Financial Policy
 1.Introduction
 2. Reappraising Various Approach
 3. Offering a Combined Alternative --- A Socio-Theological Approach
 4. The Trajectory of this Study

Chapter 2 Contextualising Paul
 1. Introduction
 2. Paul's Socio-Economic Climate
 3. Paul's Ideological Climate: Patterns of Reciprocity in Seneca's De Beneficiis
 4. Conclusion

Chapter 3 Paul's Positive Gift-Giving Relationship with the Philippians
 1. Introduction
 2. The History of Paul's Relationship with the Philippians
 3. The Nature of Paul's Relationship with the Philippians
 4. Exegetical Investigation of Philippians 1.7 and 1.12-30
 5. Exegetical Investigation of Philippians 1.3-6, 2.25-30, and 4.10-20
 6. Conclusion: Paul's Koinonia with the Philippians

Chapter 4 Paul's Negative Relationship with the Corinthians (Part I)
 1. Introduction
 2. The Social Ethos of Corinth
 3. The Cultural Conformity of the Corinthians Post-Conversion
 4. Paul's Response to the Corinthians' Culturally Conditioned Lifestyle
 5. The Socio-Theological Strategy behind Paul's Financial Policy
 6. Conclusion

Chapter 5 Paul's Negative Relationship with the Corinthians (Part II)
 1. Introduction
 2. Reconstruction of Events between 1 and 2 Corinthians
 3. The Corinthians' Culturally Conditioned Lifestyle Maintained
 4. The Gift-Giving Relationship (or Lack Thereof) between Paul and the Corinthians
 5. Conclusion

Chapter 6 Conclusion
 1. Paul's Financial Policy in Socio-Theological Perspective
 2. The Achieved Goals of the Socio-Theological Approach to Paul's Financial Policy
 3. Implications for Further Study

Bibliography
Index of References
Index of Authors

 パウロにおける贈与の問題は、古代の文脈にあるが、現代的にも重要なテーマであり(アガンベンのOpus Dei. Archeologia dell's ufficioと繋ぐとどうなるか )、また、社会的-神学的方法という方法論(本ブログにおける、聖書解釈を介した自然神学の社会科学への拡張にとって決定的な意味がある)についても批判的な検討が必要であろう。


スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR