FC2ブログ

内村鑑三とヨブ記

 ヨブ記は、キリスト教思想全体にとって多くの問いを投げかけてきた。それは、日本のキリスト教思想においても同様であり、たとえば、昨年刊行の並木浩一著作集1『ヨブ記の全体像』(日本キリスト教団出版局)第三部に所収の「ヨブ記と内村鑑三」「ヨブ記と賀川豊彦」においては、日本におけるヨブ記研究をリードしてきた旧約聖書学者による、内村と賀川という二人の思想家のヨブ記論が取り上げられている。二人のヨブ記論の間には、相互の影響関係といった関わりは存在しないようである。

 こうして現代も研究者の関心を引き続けている、内村鑑三のヨブ記論であるが、今年、文庫化され、読みやすい形になった。

内村鑑三
『ヨブ記講演』
岩波文庫、2014年。

第一講 ヨブ記はいかなる書であるか
第二講 ヨブの平生と彼に臨みし患難
第三講 ヨブの哀哭
第四講 老友エリパズまず語る
第五講 ヨブ再び口を啓く
第六講 神学者ビルダデ語る
第七講 ヨブ仲保者を要求す
第八講 ヨブ愛の神に訴う
第九講 神智の探索
第十講 再生の欲求
第十一講 エリパズ再び語る
第十二講 ヨブ答う 終に仲保者を見る(上)
第十三講 ヨブ答う 終に仲保者を見る(下)
第十四講 ビルダデ再び語る
第十五講 ヨブ終に贖主を認む
第十六講 ゾバル再び語る
第十七講 ヨブの見神(一)
第十八講 ヨブの見神(二)
第十九講 ヨブの見神(三)
第二十講 ヨブの見神(四)
第二十一講 ヨブの終末


解説(鈴木範久)

 このヨブ記講演の成立などについては、解説に詳しい。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR