FC2ブログ

初期キリスト教研究3

 今回は、次の文献の第三部です。新約聖書学と言えば、なんと言っても「イエス」「イエスの宗教運動」は最重要テーマです。

Anthony J. Blasi, Jean Duhaime, Paul-André Turcotte (eds.),
Handbook of Early Christianity. Social Science Approaches,
Altamira Press, 2002.

Part Ⅲ: Contexts and Emergence of the Jesus Movement and Early Christianity
Chapter 10
Early Christianity as an Unorganized Ecumenical Religious Movement
(Frederick Bird)

Chapter 11
Jesus and Palestinian Social Protest: Archaeological and Literary Perspectives
(Peter Richardson and Douglas Edwards)

Chapter 12
Civilizational Encounters in the Development of Early Christianity
(Danald A. Nielsen)

Chapter 13
Early Christian Culture as Interaction
(Anthony J. Blasi)

Chapter 14
"Becoming Christian": Solidifying Christian Identity and Content
(David G. Horrell)

Chapter 15
Sociological Insights into the Development of Christian Leadership Roles and Community Formation
(Howard Clark Kee)

Chapter 16
Establishing Social Distance between Christians and Both Jews and Pagans
(Jack T. Sanders)

 イエス自身へアプローチできる方法論は、かなり困難というところだろうか。社会科学の限界。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR