解放の神学6

 解放の神学の1980年代中頃までに至る急速な展開は、日本においてのみ確認できるものではなく、より大きな広がりで確認できる。1980年にドイツで出版の解放の神学についての文献が、1985年に英訳で出版。

Claus Bussmann,
Who Do You Say? Jesus Christ in Latin American Theology,
Orbis, 1985.
Bereiung durch Jesus? Die Christologie der lateinamerkanischen Refreiungstheologie, Kösel Verla, 1980.)

Introduction
Part I The Theology of Liberation: A "New Way of Doing Theology"

Chapter 1 Antecedents
In the Beginning , a Memory
An Insight: Dependence and the Theory of Dependency
Reaction of the Church: Plenary Meeting of the Latin American Bishops' Conference in Medellin, Colombia, in 1968

Chapter 2 The Theology of Liberation: Blueprint and Basics
A Point of Departure in the Analysis of the Latin America Situation
The New Praxis as the Target
Championship of the Cause of the Poor: Liberation Theology's Focal Point

Chapter 3 Critical Inquiries into the Theology of Liberation
The Adoption of Marxist Thinking
The Concept of Liberation
Faith and Politics

Chapter 4 New Political Situation, New Latin American Accent: A Theology of Captivity

Part II  The Return to Jesus Christ in the Theology of Liberation
Chapter 5 Interest i Jesus
Hugo Assmann
Custavo Gutiérrez
Segundo Galilea
Juan Luis Segundo
Juan Hernández Pico
Two Documents from Church Praxis
Leonardo Boff
Jon Sobrino
Javier Jiménez Limón
Ignacio Ellacuría
Eduardo Pironio
Synopsis

Chapter 6 Going Back to Jesus
The "Political Jesus"
Jesus' Way to Death

Excursus: The Use of Violence

Chapter 7 Jesus' Death and Resurrection
Jesus' Death
Resurrection and Liberation

Chapter 8 The Key: The Kingdom of God
Kingdom of God as Motive for Prophetic Criticism
Kingdom of God as Motivation for Political Conduct
Jesus and the Kingdom of God

Summary and Conclusions

Notes
Bibliography
Index

 大著ではないが、解放の神学のよい紹介となっている。  



スポンサーサイト
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR