ファミニスト神学・補足2

 前回のレティ・ラッセルの続きです。ラッセルは、ファミニスト神学の立場からの聖書解釈でも知られていますが、その点がよく現れた一冊を取り上げます。聖書研究というよりも、バイブルスクールといった感じでしょうか。

Letty M. Russell,
Becoming Human,
The Westminster Press, 1982.

Foreword
1. Searching for Humanity (Mark 5:1-20)
   My Name Is Legion
   Human Experience
   Common Humanity
2. Not Quite Human (John 4:1-42)
   Talking with a Woman
   Creation and Creatures
   God's Reversals
3. Human Destiny (Psalm 8)
   A Little Less than God
   Anticipating New Creation
   Partners in New Creation
4. More Than Human (Philippians 2:1-11)
   He Humbled Himself
   True Humanity
   The Power and the Glory
5. Human Nature (Genesis 1:26-30)
   Male and Female
   Image of God
   Helper Fit for Him
6. Less Than Human (Genesis 2:25 to 3:24)
   His Wife's Name Eve
   Refusal to Be Radically Helped
   Structures of Domination
7. Human Nurture (Galatians 5:1-26)
   Christ Has Us Free
   Salvation Today
   Freedom to Be Human
8. Becoming Human (Luke 24:13-35)
   What Happened on the Road
   Eyes of Faith
   New Exodus

Questions for Study and Reflection
Book for Further Reading

 こうしたタイプの仕事は、実際に、聖書を学ぶための集まりといった形で実践するのにふさわしい。
 フェミニスト神学には、そのような活動が必要なのかもしれない。 




スポンサーサイト
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR