FC2ブログ

中世哲学研究11

 これまで、稲垣良典と山田晶とを起点に、日本の中世哲学研究を、わたくしの所蔵文献の範囲で、紹介してきた。こうした観点から、取り上げられるべきは、クラウス・リーゼンフーバーであろう。リーゼンフーバーは、『近代哲学の根本問題』(知泉書館、2014年)などからわかるように、ドイツ観念論、ハイデガー、西田哲学に至る、広範な哲学研究を展開してきた研究者であるが、
同時に、その中心に中世哲学研究が位置することが疑いないであろう。その主著となると、次の文献が挙げられねばならない。

K・リーゼンフーバー
『中世哲学の源流』
創文社、1995年。


第一章 中世哲学研究の現況

第Ⅰ部 教父時代における中世思想の基礎づけ
 第二章 使用と観想
       ──文化と宗教の関係についての教父思想の二類型
 第三章 ボエティウスの伝統
       ──プラトン主義とアリストテレス論理学の中世への継承
 第四章 ラテン中世における教父神学の遺産

第Ⅱ部 言葉と知識
 第五章 アウグスティヌスにおける言葉と思惟
 第六章 サン=ヴィクトルのフーゴーにおける学問体系
 第七章 ボーヴェのウィンケンティウスにおける教養理解
 第八章 トマス・アクィナスにおける言葉

第Ⅲ部 自由と至福
 第九章 中世思想における至福の概念
 第十章 ボナベントゥラの自由論
第十一章 神の全能と人間の自由
       ──オッカム理解の試み

第Ⅳ部 自然と存在 
第十二章 被造物としての自然
       ──教父時代および中世における創造論
第十三章 アウグスティヌスにおける自然理解
第十四章 トマス・アクィナスにおける自然理解
第十五章 トマス・アクィナスにおける存在理解の展開
第十六章 存在と思惟
       ──存在理解の展開の可能性を探って
第十七章 トマス・アクィナスにおける神認識の構造
第十八章 知性論と神秘思想
       ──十三・十四世紀のスコラ学の問題設定

あとがき
索引

 中世哲学の広がり・豊かさを感じさせる研究である。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR