FC2ブログ

中世哲学研究12

 リーゼンフーバーの中世哲学研究としては、前回紹介の充実した大部の専門書のほかに、次のような、思想史をあつかった教科書的な文献も存在する。

1.クラウス・リーゼンフーバー
 『西洋古代・中世哲学史』
 平凡社、2000年。

まえがき

(古代の部分は省略)
 9 キリスト教哲学の起源
10 アウグスティヌスの思想
11 十二世紀の初期スコラ学
12 十三世紀のスコラ学とアリストテレスの受容
13 トマス・アクィナスの哲学
14 十四世紀の後期スコラ学
15 中世の神秘思想と近大への移行

平凡社ライブラリー編へのあとがき
文献表
事項索引
人名索引

2..クラウス・リーゼンフーバー
 『中世思想史』
 平凡社、2003年。


第Ⅰ部 古代キリスト教・教父思想
 第一章 二世紀における基礎づけ
 第二章 三世紀におけるキリスト教と文化の邂逅
 第三章 四世紀におけるキリスト教の生活と思索の発展
 第四章 ギリシア教父の終焉とビザンティン思想
 第五章 四・五世紀における西方教父とラテン教父
 第六章 ラテン教父の衰退と六─八世紀における中世文化の幕開け

第Ⅱ部 中世元気の文化と思想
 第七章 カロリング・ルネサンス
 第八章 十・十一世紀における文化の下降と興隆

第Ⅲ部 初期スコラ学の思想
 第九章 十一世紀末における修道院神学とスコラ学
 第十章 初期スコラ学の代表思想家
第一一章 十二世紀の諸学問と諸学派

第Ⅳ部 アラブ哲学とユダヤ思想
第一二章 アラブ思想の起源
第一三章 アラブ哲学の最盛期
第一四章 ユダヤ思想

第Ⅴ部 盛期スコラ学の思想
第一五章 文化の担い手──大学と新しい修道会 
第一六章 アリストテレス哲学への転向
第一七章 盛期・後期中世の神秘思想

第Ⅵ部 後期中世の思想
第一八章 十四世紀の後期スコラ学
第一九章 中世末期の知的状況

第Ⅶ部 近世への移行
第二〇章 人文主義と新しいスコラ学

文献表
索引
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR