FC2ブログ

現代生物学と自然神学

現代の生物学の議論は、単純な「進化論と創造論」対立という図式にはおさまらない、面白い展開になりつつある。すでに本ブログでも述べたように、わたくしは、今年度前期に「外国文献研究(文・英)A-E1」という科目を担当しているが、そこでテキストとしているのが、次の文献である。

Alister E. McGrath,
Surprised by Meaning. Science, Faith, and How We Make Sense of Things,
Westminster/ John Knox Press, 2011.

 先週の水曜日に読んだ、「Chapter 10: The Accidents of Biological History?」で取り上げられたのが、進化論と目的論との関わりが問題となった。そこで、グールドとの対比で取り上げられたのが、サイモン・コンウェイ・スミスの、進化の過程がその偶然性にもかかわらず、比較的少ない数の可能な結果に収束する(converge)という議論である。これは、突然変異という偶然性を認めつつも、その役割を相対化する議論であり、自然神学的にも興味深いものである。コンウェイ・スミスは、日本でも著書が邦訳され、一定知られている高名な生物学者である。
 たとえば、次の文献など。

サイモン・コンウェイ・スミス
『カンブリア紀の怪物たち シリーズ「生命の歴史」──1 進化はなぜ大爆発したか』
講談社現代新書、1997年。

序 「生命の歴史」の五大事件 (松井孝典)

第1章 カンブリア紀への招待
第2章 バージェス頁岩の発見
第3章 タイムマシーンに乗って
第4章 新たなバージェス頁岩の探求
第5章 バージェス頁岩の重要性
第6章 門の起源
第7章 別の世界

おわりに
謝辞
スポンサーサイト
プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR