FC2ブログ

中世哲学研究23

 修道院・神秘主義関連へと話を進めていますが、今回から、中世の修道制と思想(神学・哲学)との関わりについて、個別的な具体的な問題連関を扱います。
 まずは、フランシスコ会。そのはじめとして、フランチェスコに関わる歴史研究から。取り上げるのは、中世史の大家の著書です。

ジャック・ル=ゴフ
『アッシジの聖フランチェスコ』
岩波書店、2010年(原著は、1999年)。

序文
年表
フランチェスコの主要著作および主要な伝記一覧

Ⅰ章 奉献世界の変革と重圧に挟まれたアッシジのフランチェスコ
Ⅱ章 真実の聖フランチェスコを求めて
Ⅲ章 アッシジの聖フランチェスコと一三世紀のフランチェスコ伝記作者たちにおける社会的カテゴリーの語彙
Ⅳ章 フランシスコ会運動と一三世紀の文化モデル

訳者あとがき
参考文献
原注

 優れた歴史研究である。フランチェスコと聞くと、「フランチェスコの思想研究はきわめて難しい。テキストのレベルから簡単ではない」といった趣旨の畏友の言葉を思い出す。


 
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR