FC2ブログ

中世哲学研究30

 前回は、アビラのテレサ(テレジア)を取り上げたが、同じカルメル会で、中世から近世にかけての代表的人物と言えば、十字架のヨハネが挙げられるだろう。ヨハネの方がテレサよりも年少であるが、同時代人であり、二人は出会っている。
 まず、十字架のヨハネの言葉(翻訳)が読めるものとして、手元にあるのは、次のもの。

・十字架の聖ヨハネ
『霊の賛歌』
ドン・ボスコ社、1963年(2008年)。

緒言(東京男子跣足カルメル会院長)に続いて。

はしがき(ヨハネ)
霊魂と天の花むことの間にかわされる歌
概要
注解

「第一の歌」から「第四十の歌」まで
霊魂と天の花むことの間にかわされる歌

・カルメル修道会・編
『愛への道──十字架の聖ヨハネの生涯と教え』
聖母文庫、1991年(2005年)。

『カルネル山登攀』『暗夜』『霊の賛歌』からの抜粋と小伝記、手紙が収録されている。また索引が付されている。

 また、日本における十字架のヨハネの研究と言えば、次の文献が、第一に挙げられねばならないだろう。

・鶴岡賀雄
『十字架のヨハネ研究』
創文社、2000年。

序文
略記号表

第Ⅰ部 序論
  一 生涯と時代
  二 作品
  三 思想の源泉
  四 方法と視点

第Ⅱ部 道程
  一 神への翻案/人への翻案──『ロマンセ』の位置
  二 愛にみちた──『カルメル山登攀』における否定神学とそれを破るもの(1)
  三 見ることと触れること──『カルメル山登攀』における否定神学とそれを破るもの(2)
  四 夜の構造──『カルメル山登攀』・『暗夜』の根本イメージ
  五 魂の受動性──『暗夜』の根本問題

第Ⅲ部 合一
  一 合一を語る言葉──『愛の生ける炎』における神秘的合一のイメージ(1)
  二 魂の中心/神の中心──『愛の生ける炎』における神秘的合一のイメージ(2)
  三 甘美な接触──『愛の生ける炎』における神秘的合一のイメージ(3)
  四 神のかげ──『愛の生ける炎』における神秘的合一のイメージ(4)
  五 私の胸で恋人は目覚める ──『愛の生ける炎』における神秘的合一のイメージ(5)
  六 合一の人称──『霊の讃歌』における神秘的合一把握

あとがき
人名索引
英文目次
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR