FC2ブログ

中世哲学研究46

 中世哲学研究というよりも、中世史研究に分類すべきものと思われるが、中世の異端運動(神秘思想や修道制とも関連する)を取り上げたのに続いて、若干の文献を取り上げたい。
 中世異端研究といえば、グルントマンの古典的研究を思い出す。わたくしは、学生時代に上田先生が特殊講義で、エックハルトを論じる導入としてであったか、グルトンマンを紹介したていたとを記憶している。その後、購入したのが、次の文献である。

H・グルントマン
『中世異端史』
創文社、1973年。

 本文が日本語訳で120頁に満たない小著であるが、40頁を超える原注が付された専門研究である。原著の出版は、1963年であるが、その後中世史研究は大きく進展することになり、異端史研究もかなりの展開があったものと思われる。わたくし自身は、こうした研究状況をフォローできているわけではないが、次の著書が手元にある。

原田武
『異端カタリ派と転生』
人文書院、1991年。

序章 ラシゴドックの「善信者」たち
第一章 現世という牢獄・グノーシス主義について
第二章 天使の失墜・カタリ派の教義
第三章 光の国への帰還のために・儀礼と戒律
第四章 現世をいかに生きるか・完全者と帰依者
第五章 一二世紀のラングドック・普及の問題
第六章 「正統」からの攻撃・アルビジョワ十字軍
第七章 モンギュール・カタリ派の終焉
終章 異端カタリ派と現代

あとがき
主な参考書
地図

 参考書には、上のグルントマンの著書が挙げられている。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR