FC2ブログ

コロキウム・パトリスティクムの案内

 今年のコロキウム・パトリスティクム(教父学討論会) の案内が届きましたので、本ブログにも掲載します。開催日が近づいてあたりで、もう一度、再掲する予定です(忘れなければ)。

日時: 2019年11月16日(土)14:00~17:30
場所: 京都大学文学部新館二階、第3演習室
会費: 500円(学生 無料)

研究発表:
 平野和歌子氏「アウグスティヌスのキリスト論におけるpotestasの考察」
 加藤哲平氏「聖書の校訂記号:オリゲネス、エピファニオス、ヒエロニュムス、アウグスティヌス」

懇親会:17:45~20:00

 このコロキウムは、水垣渉先生を中心に、わたくしが大学院生になった頃に始められたもので、35年くらいの歴史があります。この間、さまざまな研究者に発表いただき、また京都大学キリスト教学研究室から教父を専門にする研究者が生まれました。わたくしも、学部生時代から、水垣先生のオリゲネス演習に参加していた関係で、このコロキウムの初めから出席しています。
 この間、形態においてはさまざまな変化がありましたが、秋に研究会を開催するという形が基本です。しかし、残念なことに、コロキウムの記録がきちんと存在しないため(そのときどきの連絡担当者は、自分が担当の時の記録を手元に保存しているかもしれませんが)、貴重な活動が今では解らなくなっているように思います。現時点で、集められる限りの記録を収集しておくことが望ましいとは思うのですが、なかなか実行できずにいます。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR