FC2ブログ

医学とはどのような学問か

 医学・医療は、わたしたにとって身近な存在であり、多くの人の関心事です。しかし、医学がいかなる学問なのか、あるいは医学は広い意味での科学に属しているとして、たとえば、それは理学(物理学など)に近いのか工学に近いのか、など、必ずしも明確な理解が得られているわけでもないように感じられます。こうした基本的な問題を、医学教育また医療の現場で、追求した論考が刊行されました。キリスト教を含めた宗教とも、密接な関わりの後問題が扱われています。

杉岡良彦
『医学とはどのような学問か──医学概論・医学哲学講義』
春秋社、2019年。

はじめに

第1講 医学哲学とはⅠ
      医学の哲学と科学の問題
第2講 医学哲学とはⅡ
      医学哲学と農学原論の比較を通じて医学の全体像を問う
第3講 医学の科学論Ⅰ
      分子生物学と臨床疫学/EBM
第4講 医学の科学論Ⅱ
      臨床疫学/EBMの意義とNBM
第5講 医学の人間観Ⅰ
      医学は人間をどのように考えるのか
第6講 医学の人間観Ⅱ
      フランクルの人間観と次元的人間論
第7講 医療倫理と医療制度Ⅰ
      医療倫理はなぜ必要なのか
第8講 医療倫理と医療制度Ⅱ
      医療技術の発展と人間の尊厳
第9講 医学における「価値」の問題Ⅰ
      医学は何を目指しているのか
第10講 医学における「価値」の問題Ⅱ
      健康とは苦しみを取り除くことなのか
第11講 現代医学の諸問題Ⅰ
      研究不正の問題を考える
第12講 現代医学の諸問題Ⅱ
      代替医療や統合医療は疑似科学か
第13講 医学教育における教養科目の意義を考える
      医学概論の観点から
第14講 孤独に関する医学的研究と人間の孤独性
第15講 生物心理社会
      スピリチュアルモデルと精神的人格

事項索引
人名索引

 筆者も医学概論・医学哲学は、前著『哲学としての医学概論 方法論・人間観・スピリチュアリティ』(春秋社、2014年)において、公にされているが、本書は、講義・講演に基づき、医学概論の入門書という意図で執筆されました。著者の考える医学概論の構想が多様で整理された諸問題において、明快に示されています。本書の「はじめに」の冒頭で、説明されている通りです。

「本書は、「医学とはどのような学問か」を考える医学哲学(医学概論)の講義であり入門書です。医学部をはじめ医療系大学の多くでは、一年目に医学概論や医療概論という名の講義が行われます。それらは、ほとんどの場合「医学の入門」を意味しますが、本書では医学概論の創始者である澤瀉久敬の考えに倣い、「医学の哲学」としての医学概論を取り上げます。」
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR