FC2ブログ

『学術の動向』から

『学術の動向──科学と社会をつなぐ』 2019. 12 (日本学術会議)が届きました。
 今年も、残り1ヶ月を切りましたが、まだまだ年末年始は遠く感じられるこの頃です。授業に加え、それまでに、行わねばならない仕事が山積み状態で、毎週毎週が乗り越えるのが、精一杯です。忙しいのは、仕事を引き受ける自分の責任と言えばそうではありますが、年度当初の見通しでは、10月を乗り切ればなんとかなるはずだったのが、すっかり見通しが外れました。というわけで、ゆっくりした年度末は、まだ先の話です。

 さて、12月の『学術の動向──科学と社会をつなぐ』は、通常より大分薄めの大きさで、特集は、1つです。

■「SCJトピックス」
・「研究者の「働き方改革」と自由な研究時間確保の両立についての学術会議声明」を公表」
 これについては、現場との乖離を感じるのは、わたくしだけでしょうか。おそらく、全大教からのコメンなどがそのうちに表明されるはずです。
 
【特集】「Gender Equality 2.0 からSDGsを展望する──架け橋」
 「男女共同参画」に関わる根本的な見直しの必要性があるとすれば、それだけの取り組みが必要になる。形式的でアリバイ的な対応で、なんとかなるというのが、そもそも甘い考え。数合わせを求められる側は大変。

・「すべての人の可能性が開花する社会を目指して」
 (濱口道成)
・「ジェンダーと家族の未来」
 (山極壽一)
・「トランスジェンダー大学教員として思うこと」
 (三橋順子)
・「顔を変えるということ」
 (原島博)
・「起業と経営の現場からジェンダーを考える」
 (秋山咲恵)
・「データ分析で見るジェンダー平等の日本の課題」
 (藤原綾乃)
・「アカデミックキャリアにおける「多様性の尊重」と「生産性」を意識した働き方─長崎大学における取組の紹介」
 (伊東昌子)
・「日本におけるジェンダー平等を阻むもの」
 (伊藤公雄)

 日本のキリスト教界の長期停滞とジャンダー問題は、おそらく、根本的に関連し合っている。

 そのほかに、次の記事。

◆「学協会の今──社会と向き合う 14」
・「日本口腔科学会の果たすべき役割と今後の展開」
 (丹沢秀樹)

■「SCJ提言・報告要旨」
 7本

スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR