FC2ブログ

現代宗教学の基本文献6

 ジェイムズの文献で、英語の原著で手元にあるのは、次のものです。もちろん、論文などで引用する場合には、全集版(The works of William James, Harvard University Press)
から行うことになります。

William James,
The Will to Believe and other essays in popular philosophy, Human Immoratality, both books bound as one,
Dover publications, 1956.

The Varieties of Religious Experience. A Study in Human Nature,
Longmans, Green and Co., 1928(1902).
 後者はもとは祖父の蔵書だったもので、父から受け継ぎました。もちろん、受け継いだものは、書籍だけではありませんが、さまざまの方々から受け継いだものが、研究の基盤となっていることは確かです。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR