FC2ブログ

ワークショップのお知らせ・追加2

 明日に迫った、「ワークショップ」のお知らせ・追加のさらに追加です。(こうした「お知らせ」を書きながら、ワークショップの発表内容の詰めを行っています。)
 
 わたくしの発表「アジア太平洋地域のキリスト教の相互交流―アメリカ・ハワイ、日本・沖縄、台湾―」は、「太平洋地域のキリスト教・移動と交流・資料」という問題をめぐる議論の動向を紹介し、今後の研究を展望することを目指しますが(新たな資料の発見や新しい専門的知見の提示などではなく)、そこで、触れる予定の文献は以下の通りです。

<関連文献1>
A.キリスト教界とその関連
・歴史学研究会編『巡礼と民衆宗教』
  青木書店、1999年。
・関哲行『ヨーロッパの中世4 旅する人びと』
  岩波書店、2009年。
・大木英夫「環太平洋のプロテスタンティズム」
  (古屋安雄/大木英夫『日本の神学』ヨルダン社、1989年)
・富坂キリスト教センター編『鼓動する東アジアのキリスト教──宣教と神学の展望』
  新教出版社、2001年。
・瀧澤克彦『越境する宗教──モンゴルの福音派』
  新泉社、2015年。

B.宗教学・民衆宗教
・井上順孝『生みを渡った日本宗教──移民社会の内と外』弘文堂、1985年。
・武内房司編『越境する近代東アジアの民衆宗教──中国・台湾・香港・ベトナムそして日本』明石書店、2011年。
・李元範・櫻井義秀編『越境する日韓宗教文化──韓国の日系宗教・日本の韓流キリスト教』北海道大学出版会、2011年。
・三木英・櫻井義秀編『日本に生きる移民たちの宗教生活──ニューカマーのもたらす宗教多元化』ミネルヴァ書房、2012年。
・桂島宣弘編『東アジア 遭遇する知と日本──トランスナショナルな思想史の試み』
   文理閣、2019年。

<関連文献2>
・沖田行司編『ハワイ日系社会の文化とその変容──一九二〇年代のマウイ島の事例』ナカニシヤ出版、1998年。
・森田雅也編『島国文化と異文化遭遇──海洋世界が育んだ孤立と共生』関西学院大学出版会、2015年。
・三野和惠『文脈化するキリスト教の軌跡──イギリス人宣教師と日本植民地下の台湾基督長老教会』新教出版社、2017年。
・一色哲『南島キリスト教史入門──奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境』新教出版社、2018年。
・ヒロ・ヒライ、小澤実編『知のミクロコスモス─中世・ルネサンスのインテレクチュアル・ヒストリー』中央公論新社、2014年。
・佐藤吉昭『キリスト教における殉教研究』創文社、2004年。
・米井力也『キリシタンの文学─殉教をうながす声』平凡社、1998年。
・岩野祐介「海を越えるキリスト教──海を隔てた文化交流の結果としての無教会主義を捉える試み──」
(森田雅也編『島国文化と異文化遭遇──海洋世界が育んだ孤立と共生』関西学院大学出版会、2015年)
・田川建三『書物としての新約聖書』勁草書房、1997年。
・出村彰「東北学院と福音主義──福音宣教と学校教育」
(佐藤司郎・吉田新編『福音とは何か──聖書の福音から福音主義へ』教文館、2018年)。

 
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR