FC2ブログ

現代宗教学の基本文献9

 ジェイムズの文献を続けますが、今回は、一見すると、ジェイムズとの関連がわからないものを取り上げます。博士論文などの執筆では、先行研究の詳細な検討・分析が要求されますが、その際に、見落とされがちなのが、このタイプの文献です。
 それは、ジェイムズとの関わりが、タイトルなどからは顕わにはわからなくとも、中に、関連の論考が含まれる場合です。

Nicolas Lash,
Easter in Ordinary. Reflections on Human Experience and the Knowledge of God,
University of Notre Dame Press, 1988.

Preafce
1 Where Do We Begin?
2 Talking about Experience
3 Reading William James
4 What Did James Try to Do?
5 The "Essence" of Religious Experience
6 Institutions, ideas, and Personal Experience
7 The God of William James
8 Taking Stock
9 Contemplation and Piety
10 Newman and Some Triangles
11 Von Hügel: Three Forces
12 Von Hügel: Three Elements
13 Buber on Conversion and the Severed I
14 Eclipse of Word and Presence
15 Difference, Mystery, Experience
16 The Pattern of Christian Pedagogy
17 Easter in Ordinary

Bibliography
Index

 というわけで、決してジェイムズの研究書ではありませんが、はじめの3分の1ほどは、ジェイムズに関連した議論がなされており、こうした文献も、ジェイムズ先行研究の一つのジャンルを成していることは否定できません。このような例を見付けるのは、かなり偶然に左右されるものではありますが、ある程度の勘と忍耐・注意力にもよります。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR