FC2ブログ

4月からの授業のあり方(京都大学文学研究科、わたくしの授業の場合)

 昨日の京都大学・教育研究評議会で、4月からの京都大学における授業について、基本方針が出され、それを具体化する考え方が、文学研究科/文学部で、教員(常勤と非常勤)と学生に示された。わたくしの授業も、この考え方に基づいて行われることになる。

基本は、いわゆる三条件を満たす授業は、4月8日から実施すること、また、新型コロナウィルスに感染した、あるいは感染の疑いのある人(教員も学生も)は自宅待機を行い授業にはでないことである。
 三条件とは、教室定員の50%程度以下の学生数、換気の実施、距離をおいた会話(マスクにつけた)、であり、京都大学文学研究科の授業は、少人数のものが多いため、比較的この条件を満たすタイプである。

 4月8日から開始する場合、三条件を満たすために、最初の2週間は、同じ内容の授業ガイダンスを行い(学生番号の末尾が奇数か偶数かでわける)、学生はこの間に授業登録を行う。その登録者数にしたがって、授業形態を決定する。なお、2回のガイダンスで、課題を出しておき、3回目の授業は、その課題についての課題学習に代えることが可能(わたくしの担当授業では、概論授業はこの形になると予想される)。はじめの3回を以上のように行えば、本格的な授業の開始は、実質、5月の連休明けになる。
もちろん、三条件が満たされれば、3回目から通常形態の授業を行うことも可能。

 そのほか、土日や夏季の補講、隔週参加型授業形態の選択など、かなり柔軟な仕方での対応が可能になっている。

 以上のやり方での授業が困難な場合は(三条件が満たされない)、オンライン型授業という選択肢を選ぶことになる。京都大学では、PandAとZoomというシステムを利用することが可能であり、わたくしも、これを一部利用することを考えている。サポート体制も整備されつつあり、思ったよりもハードルは高くない。2週間にわたるガイダンス期間は、このオンライン型授業に対応するための準備期間となる。

 なお、今後、コロナウィルスがなかなか収束せず、むしろ更に拡大する事態が生じた場合は、オンライン型授業が中心になることもあり得ないことではない。試行錯誤が続くことになる。

 以上のような形で、ともかくも、4月8日(水)から授業が始まる。わたくしは、水曜日1時限目に学部生の対象の講読を担当しているので、4月8日がまさに新年度のスタートである。教室は、コロナとは別の理由で、そもそも広めの部屋(第5講義室。定員42人)にしていたので、三条件はおそらく満たされると期待している。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR