FC2ブログ

アガンベン・メモ(b27)

2・7
 ヒュポスタシスが現実化を意味することと、ギリシャ教父とラテン教父との対比について。

「ダリエは、アタナシオスにおいては「ヒュポスタシス」という語はたんに《現実》を意味するのではなく、むしろ《現実化(Realisierung)》を意味している、と指摘している。」「《それは状態ではなく行為を表現している》」

「ボエティウスの定義以降、ペルソナの概念は《理性的自然の個別的現存(naturae rationalis individua substantia)》として定義された。」「三位一体論におけるペルソナないしヒュポスタシスの問題は個別化という哲学的問題と結婚することとなった。」
「神の自然本性も被造物の自然本性も個別的現存」「に転化し、個別化ないし《ペルソナ(人格)化》されることとなるのである。」「近代的主体の「パーソナルな」性格、近代の存在論」
「キリスト教の存在論──ひいてはそこから派生した近代の存在論──がヒュポスタシス的存在論であるとうことは、それが卓越して実際的で活動的なものであることを意味している。」「現実ではなく現実化なのだ。」

「アリストテレスの装置では個々の現実存在は先に置かれた所与であったのにたいして、ヒュポスタシス的存在論ではそれはいまやなにか達成ないし実現されるべきものである。」「《梯子(klimax)》の形で体系化」
「東方の教父たち」「樹のなかに下から入りこんでいる、すなわち、現実に存在する具体的な個物から出発して、つぎにもろもろの種と類に向かって上っていき、最後に実体に到達しようとしている」
「ラテン教父たち」「樹のなかに上から入って、つぎに類的なものから個別的なものへと、実体から類へ、さらに種へと下降していって、最後に個別的な現実存在に触れようとしている」、「普遍的なものから出発して、つぎに本質に付加される形式的根拠ないし原理を探索し、それの個別化を規定しようとする」
「現実存在の問題にたいする二つの相異なる知的態度」、「本質と現実存在の関係は──すくなくとも神学的モデルにおいては──つねに両方の運動を含みもっている、あるいは含みもっていてしかるべきである」

「存在論はいまでは本質と現実存在のあいだに張り渡された力の場となったということ」
「それ自体としては理論的には不可分なはずの二つの概念が、両者の関係がしだいに不分明になっていくのについれて離反してはまた接近しあう傾向を示しはじめているのである。」
「個体化の問題──すなわち個別的現実存在の問題──は、そこにおいてこれらの緊張が最大限の乖離に到達する場なのだ。」

 ギリシャとラテンとの二つの思考形態の問題は、興味深い。キリスト教を思想的に理解する上でもきわめて重要。また、個体化の意義もこれでよくわからようになる。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR