FC2ブログ

現代宗教学の基本文献40

 ユングの文献紹介を続けます。
 次も大著です。

C・G・ユング
『心理学と錬金術 ⅠⅡ』
人文書院、1976年。

 邦訳は二巻本となっており、第一部と第二部がⅠに、第三部がⅡに収録されています。

初版まえがき
第二版まえがき

第一部 錬金術に見られる宗教心理学的問題

第二部 個体化過程の夢象徴
  第一章 序
  第二章 初期の夢
  第三章 マンダラ象徴

図版出典一覧
錬金術テクスト集成一覧

第三部 錬金術における救済象徴
  第一章 錬金術の基礎概念
  第二章 錬金術作業の心的性質
  第三章 作業(オプス)
  第四章 第一質料(プリマ・マテリア)
  第五章 賢者の石とキリストのアナロジー
  第六章 宗教史に見られる錬金術象徴
エピローグ

訳者あとがき
図版出典一覧
人名索引
事項索引

 ユング心理学は宗教心理学としての豊かな内容をもっているが、グノーシス主義や錬金術といった歴史的事例を丹念に収拾し分析していることがその独自性を支えている。ユング心理学は、いわば歴史心理学としての質をもっていると言ってよい。上の文献は、その特質をみごとに示している。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR