FC2ブログ

『キリスト新聞』から

 久しぶりに、『KiriShin キリスト新聞』(キリスト新聞社)5.1(May 01.2020, No.3539)を取り上げます。というも、今回は、わたくしにもやや関わりのある記事が散見されたためです。

<第1/2面>
・NHK連続テレビ小説『エール』撮影の舞台裏
 「〝信仰熱心〟な関内家 リアリティへのこだわり」
    キリスト教考証担当 西原廉太(立教学院副院長)

 「関内家が住んでいた愛知県豊橋に、実際、聖公会の教会があったかどうか、ということがポイントになりますが、確かにありました。日本聖公会中部教区「豊橋昇天教会」」
 「『エール』の実際の豊橋方面ロケでは」「「博物館明治村」の日本聖公会京都教区「京都聖ヨハネ教会」の旧聖堂をお借りした」

 この旧聖堂の写真が第1面に掲載されているが、明治村の現在の姿は、https://www.meijimura.com/enjoy/sight/building/1-6.html で見ることができる。京都のキリスト教の伝統がこうした形で用いられていることは、京都におけるキリスト教の歴史を辿る上で記憶しておきたいことである。

<第4面>
「宗教リテラシー向上委員会」
 「暗闇に輝く光」:與賀田光嗣(立教英国学院チャプレン)

 新型コロナウィルス感染拡大が続くイギリスからの報告です。
 京都大学での演習や研究会に参加いただいたのはいつのことだったでしょうか。イギリスに行かれてから、メールを数回やりとりしましたが、お元気そうで、安心しました。
 活躍を期待しております。
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR