FC2ブログ

社会脳研究の現状

 本ブログでは、これまで「脳科学とキリスト教思想・宗教思想」という問題を扱ってきたが、その際に、特に社会脳研究に注目した。社会脳は現在、脳科学と社会科学・人文科学とをつなぐ上で重要な研究領域とされてきているが、しかし、日本では、宗教という問題領域が取り上げられることはほとんどないように思われる。この点をどう分析するかは、今後の問題点として、今回は、社会脳研究の動向に関わる文献を紹介したい。
 日本学術会議における心理学・教育学委員会の脳と意識分科会が2017年に出した提言「融合社会脳研究の創成と展開」が元になったものであり、日本における研究動向を知るには、重要な意味を持つと言えよう。

苧阪直行ほか
『社会脳から心を探る──自己と他者をつなぐ社会適応の脳内メカニズム』
日本学術協力財団、2020年。

発刊に寄せて (山極壽一)
発刊にあたって (苧阪直行)

1 自己と他者をつなぐ社会脳
   苧阪直行
2 社会脳から見た発達障がい
   菊知充
3 協力と公正を支える社会脳
   大平英樹
4 社会脳とギャンブル
   高橋英彦
5 精神疾患と社会脳
    ──認知機能障害からみた統合失調症  
   松井三枝
6 社会脳から見た自己と身体意識
    ──新学術領域研究「身体性システム」の成果から

附録
 日本学術会議 提言「融合社会脳研究の創成と展開」
 用語の解説
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、内容的にこの科研のテーマ(「自然神学・環境・経済」)に限定されない諸問題を扱うことが多くなったため、本ブログのタイトルと趣旨を変更したいと考えました。新しいタイトルは「自然神学・宗教哲学・自然哲学」となります。もちろん、これまで同様にさまざまな問題を取り上げます。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR