キリスト新聞より

 キリスト新聞の最新号(第3278号、2013.7.27)が届きましたので、紹介します。それぞれの記事は、参議院選挙の結果が出る前に書かれたものであり(マスコミの予想はかなり早い段階から繰り返し出されていましたが)、もちろん、それは反映されていません。
 論壇は、木村利人さんの担当です(「平和の未来──原発ではなく9条を」)。

<第一面>
・「10代を信仰へ 日本キリスト教団出版局がセミナー」
 6月29日に日本キリスト教会館で開催の『10代と歩む洗礼・堅信への道』(日本キリスト教団出版局)をテキストとしてセミナー。教会学校教師や教会役員など約60名が参加。朴憲郁、平野克己の両氏を講師とした同書を用いたセッション。
 消滅しつつある教会学校の現実は厳しいものがあり、一過的な対応でどうなるものではない。さまざまなレベル、立場からの継続的かつ集中的な取り組みが求められる。

・「東京高裁・北村慈郎氏への控訴棄却 教義・信仰に立ち入らず」
 それぞれの側から主張が掲載。ともかくも、上告が決まったとのこと。

・「JEA社会委 世界への祈祷要請」
 日本福音同盟(JEA)の社会委員会は、世界福音同盟とアジア福音同盟に改憲・再軍備の危機的状況に対する「緊急の祈祷要請」を送付した。
 日本の現(「日本国憲法改正・日本再軍備化の危機」)は、国内の取り組みではもはや限界にあるかに見える。世界的なレベルでの声を集める必要がある、ということであろう。

<第二面>
・「「憲法」を語り続けた作間忠雄さん」
 3月15日永眠された作間忠雄さん(明治学院大学名誉教授)についての紹介文・追悼文。執筆者は、作間さんと同じ教会の教会員である梅津順一さん。梅津さんは、日本のウェーバー研究をリードしてきた研究者であり、わたくしも、しばしば氏の研究を参照しているが、かなり以前に、東京で講演会後の懇親会でお会いしたことがあった。

<第三面>
・「〝憲法は権力者縛るもの〟 宗教者による共同声明 賛同者募る」
・「『鎌倉宗教者会議』発足 宗教都市の実現を目指す」
・「英国国教会総会が採択 女性の聖職叙階大詰め」
・「カトリック国 アイルランド中絶容認へ」
・「憲法前文を写す 〝平和の理念共有して〟 宗教超え、寺の住職が呼びかけ」
・「日本バプテスト連盟 改憲憂慮し呼びかけ」
・「同盟「教会と国家」委 靖国参拝中止求める」 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR