徳論を介して、脳科学からキリスト教思想へ

 昨日のブログでは、Spezio の論文によって、脳科学・社会脳からキリスト教思想への展開の試みを紹介した。その際に、社会脳とキリスト教思想を媒介する位置になっているのが、徳論である。まず一方で、社会脳研究は、行動のルール、社会的性格形成という問題領域に関わることによって、徳論へと接続する。そして他方、徳論はキリスト教思想における愛の問題へと接続する、という図式である。この構想において、Spezioが参照するのが、今回紹介の文献である。
 現代の社会思想において、徳論は代表的な議論の一つであり(たとえば、徳論に対する正義論という議論の対比)、脳科学は別にしても、この文献は、興味深い諸論点を扱っている。

Linda Trinkaus Zagzebski,
Divine Motivation theory,
Cambridge University Press, 2004.

Preface
Acknowledgements

Part I. Motivation-based virtue ethics
1. Constructing an ethical theory
Value concepts and the metaphysics of value / Three puzzles to solve / Some confusions I wish to avoid / A taxonomy of ethical theories / Exemplarism

2. Making emotion primary
Stating with exemplars / What an emotion is / Emotion and value judgement / The intrinsic value of emotion / Conclusion

3. Goods and virtues
The good of ends and outcomes / The good of pleasure / The good for human persons / Virtues / Defining the kinds of good / Conclusion

4. Acts and obligation
Acts and the exemplar / Obligation / Defining the concepts of act evaluation / Moral judgment

Conclusion to Part I

Part II. Divine Motivation theory
5. The virtues of God
A brief history of the imitatio Dei / The personhood of God / The emotions and virtues of God / The motives of God and the creation / The metaphysical source of value

6. The moral importance of the Incarnation
Must Christianity be an ethic of law? / The Incarnation as an ethical doctrine / The imitation of Christ and narrative ethics / Divine Motivation theory and Divine Command theory compared

7. The paradoxes of perfect goodness
Three puzzles of perfect goodness / The solution of Divine Command theory / The solution of Divine Motivation theory / Does God have a will? / Is the ability to sin a power? / Love and freedom / Conclusion

8. The problem of evil
The intellectual problem of evil / Divine Motivation theory and theodicy / Objectuions and replies / The problem of suffering

Conclusion to Part II

Part III. Ethical pluralism
9. Ideal observers, ideal agents, and moral diversity
The problem of moal disagreement / Ideal observers / Ideal agents / Rationality in the second person: Revising the self / Religion and the task of developing a common morality

Bibliography
Name index
Subject index
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR