本日、宗教倫理学会・学術大会

 本日は、宗教倫理学会の第14回学術大会が開催されます。学会員はもちろん、非学会員の方もお集まり下さい。
 プログラムは、以下の通りです。(学会HPからの転載)

日 時:2013年10月12日(土)
場 所 :キャンパスプラザ京都

大会テーマ:「死者とともに生きる――3.11以後の死生観とその変容」 
プログラム
午前9時15分  受付開始

【午前】 個人発表(9:30-12:30)
        於:第1会議室
<研究発表>
9:30-10:00
「戦後フランスにおけるルーマニア人亡命者の活動と宗教学」
   奥山史亮 (日本学術振興会特別研究員)

10:00-10:30
「環境文化とエネルギー政策の倫理的基盤についての考察」
    小原克博 (同志社大学)

10:30-11:00
「宗教の社会的責任」
   佐藤孝則(天理大学おやさと研究所)

11:00-11:30
「苦しみの医療化」
   土田友章(早稲田大学)

11:30-12:00
「アトムとDNA: 神学的倫理に問われるもの」
   金 承哲(南山大学宗教文化研究所)

12:00-12:30
「死者の幻影・再考―非日常が増幅する合法性の問題」
   津城寛文(筑波大学)

**昼休み**

【午後】公開シンポジウム(13:40-16:20)
         於:第2ホール
司会:堀内みどり(天理大学おやさと研究所)

13:40-13:55 研究プロジェクト本年度活動報告
  研究プロジェクト委員会委員長 金子昭(天理大学おやさと研究所)

14:00-15:00 講演(講演要旨は右)
「死者と時間」
 末木文美士(国際日本文化研究センター教授)

15:00-15:20 コメント
  澤井義次(天理大学)

15:20-16:10 全体討議

16:10-16:20 写真撮影

********************
<終了後>
会員総会 (16:20-17:00)
懇親会(17:30-19:30) アパホテル


 なお、午後の末木先生の講演の要旨は、次の通りです。

  ------------「死者と時間」講演要旨----------

 ここ数年、死者といかに関わるか、という問題を探求してきた。その過程で、「顕」(現象世界)の奥に「冥」(死者・神仏などを含む他者の領域)を立て、「冥」の世界との関係という視点を導入した。「冥」の世界ではどのように時間は流れるのか。死者は決定的に過去の刻印のもとにある。死者と関わることができるならば、過去が現在に蘇らなければならない。そのようなことは可能であろうか。もしそれが可能とすれば、時間が過去・現在・未来と一直線に流れるという単純な時間観が改められなければならなくなる。哲学者の時間論や仏教の時間論を検討しながら、死者との関係という観点から時間論を再考し、死後や輪廻の問題、歴史の問題、さらには神仏の時間という問題まで含めて議論を展開させたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR