フランスのプロテスタンティズム

 フランスはカトリック的伝統の強い国であり、プロテスタントの立場の思想家は決して多くはない。しかし、哲学者リクールなど、フランスにおいてもプロテスタンティズムが存在しないわけでは決してない(フランス改革派教会については、以下に紹介の文献の「あとがき」も参照)。このフランスのプロテスタントの歩みを知るに参照できる文献を取り上げたい。著者である、森川甫氏は、現在、京都大学キリスト教学研究室に所属されており、この文献も、先日の研究会で贈呈いただいたものである。

森川甫
『フランス・プロテスタント 苦難と栄光の歩み──ユグノー戦争、ナント勅令、荒野の教会』
聖恵授産所出版部、1999年。

はじめに

第1章 フランス宗教改革の始まり
第2章 若き日のジャン・カルヴァン
第3章 ジュネーヴのカルヴァン
  I 『ジュネーヴ教会規定』と『教理問答』
  II ジュネーヴ学院の創立
  III 『ジュネーヴ詩編歌』の刊行
第4章 改革派教会の建設
第5章 宗教戦争
第6章 ナント勅令
第7章 カミザールの戦い
第8章 荒野の教会

年譜
プロテスタント歴史記念館、図書館
主要参考文献
人名索引

あとがき
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR