11月祭の原爆展から

 以前に本ブログでもお知らせしたように、先の京都大学の学園祭=11月祭では、「原爆と戦争展」が行われた。長周新聞(第7511号、2013.11.27)では、第一面でこの企画についての記事が掲載され、当日の様子が報告されている。

「京大原爆展 戦争止めよの熱気溢れる」「50年代の運動継承する取組 11月祭の企画展示 学生、市民ら600人参観」

 参観者の「半数・約三〇〇人がアンケートを寄せた」とあり、誌面には、多くのアンケートの内容が紹介されている。一方に、昨日の衆議院での特定秘密保護法案通過があり、他方には、市民の戦争展への共感がある。この両極が現代の日本の現実を示している。京都大学も、この現実の中にある。特に、本日は、すでに11時から吉田事業場の過半数代表信任投票が始まり、ここにも現実をめぐる戦いが存在する。信任投票、よろしく、お願いいたします。

 なお、戦争展では、「福島原発事故、安倍政府の改憲・TPPなどの関連パネルや資料・遺品が展示」されたとのことである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR