ハーバーマスと宗教

 ハーバーマスは、現代を代表する哲学者の一人であり、啓蒙的理性あるいは近代の擁護者として面、最近は宗教へのより柔軟な姿勢(ポスト世俗化時代の哲学と宗教をテーマとした、前教皇との対論)と、話題の尽きない思想家である(すでに多方面からの批判がなざれていることも事実であるが)。実際、ハーバーマスと宗教をめぐってはこれまでも少なからぬ議論が行われてきた。たとえば、Nicholas Adams, Habermas and Theology (Cambridge University Press, 2006)などは典型的なものであり、次の紹介する文献も注目すべき論集である。

Craig Calhoun, Eduardo Mendieta, and Jonathan VanAntwerpen (eds.),
Habermas and Religion,
Polity Press, 2013.

List of Abbreviations

Editors' Introduction

Part I Rationalization, Secularisms, and Modernities
1 Exploring the Postsecular: Three Meanings of "the Secular" and Their Possible Transcendence (José Casanova)
2 The Anxiety of Contingency: Religion in a Secular Age (María Herrera Líma)
3 Is the Postsecular a Return to Political Theology? (María Pía Lara)
4 An Engagement with Jürgen Habermas on Posrmetaphysical Philosophy, Religion, and Political Dialogue (Nicholas Wolterstorff)

Part II The Critique of Reason and the Unfinished Project of Enlightenment
5 The Burdens of Modernized Faith and Postmetaphysical reason in Harbermas's "Unfinished Project of Enlightenment" (Thomas McCarthy)
6 Having One's Cake and Eating It Too: Habermas's Genealogy of Postsecular Reason (Amy Allen)
7 Forgetting Issac: Fatih and the Philosophical Impossibility of a Postsecual Society (J.M.Bernstein)

Part III World Society, Global Public Sphere, and Democratic Deleberation
8 A Postsecular Global Order? The Pluralism of Forms of Life and Communicative Freedom (James Bohman)
9 Global Religion and the Postsecular Challenge (Hert de Vries)
10 Religion and the Public Sphere: What are the Deliberative Obligations of Democratic Citizenship? (Cristina Lafont)
11 Violating Neutrality? Religious Validity Claimes and Democratic Legitimacy (Maeve Cooke)

Part IV Translating Religion, Communicative Freedom, and Solidarity
12 Sources of Morality in Habermas's Recent Work on Religion and Freedom (Matthias Fritsch)
13 Solidarity with the Past and the Work of Translation: Reflection on Memory Politics and the Postsecular (Max Pensky)
14 What Lacks is Feeling: Hume versus Kant and Habermas (John Milbank)

Reply to My Critics (Jürgen Habermas, Translated by Ciaran Cronin)

Appendix: Religion in Habermas's Work (Eduardo Mendieta)

Notes and References
Bibliography of Works by Jürgen Habermas
Index

 よく出来た論集である。ハーバーマスの立場をどう評価するかはそれぞれとしても、彼が取り組んだ問題を無視することは現代において思想に関わる上で、あまりにも了見が狭いと言わざるを得ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR