ジジェクの思想的位置

 ジジェクは、本人がラカン派マルクス主義者と自らを語っているとおり、フロイトからラカンへという系譜と、ヘーゲルからマルクスという系譜を思想的に背景としていることは間違いない。また、ポストモダンへの思想状況への批判、パウロへの共感という点を加味すれば、構図はさらに複雑になる。しかし、その複雑さが、キリスト教思想の観点から見たジジェクの魅力でもある。
 こうしたジジェクの思想を読み解く上で参照できるジジェクの文章を集めた論集を紹介したい。現代思想の代表的な思想家が同様の論集からなる、BloomsburyのRevelations Series(Karl Barth, On Religion もこの一冊)に昨年収録された。

Rex Butler and Scott Stephens (eds.),
Slavoj Žižek. Interrogating the Real,
Bloomsbury,2005.

Acknowledgements
Editors' Introduction
Author's Preface

Section One: Lacanian Orientations
1 The Society for Theoretical Psychoanalysis in Yugoslavia: An Interview with Éric Laurent
2 Lacan --- At What Point is he Hegelian?
3 'The Most Sublime of Hysterics': Hegel with Lacan
4 Connections of the Freudian Field to Philosophy and Popular Culture
5 Lacan Between Cultural Studies and Cognitivism

Section Two: Philosophy Traversed by Psychoanalysis
6 The Limits of the Semiotic Approach to Psychoanalysis
7 A Hair of the Dog that Bit You
8 Hegel, Lacan, Deleuze: Three Strange Bedfellows
9 The Eclipse of Meaning: On Lacan and Deconstruction
10 The Paradox View

Section Three: The Fantasy of Ideology
11 Between Symbolic Fiction and Fantasmatic Spectre: Toward a Lacanian Theory of Ideology
12 Beyond Discourse Analysis
13 Re-visioning 'Lacanian' Social Criticism: The Law and its Obscene Double
14 Why is Wagner Worth Saving?
15 The Real of Sexual Difference

Author's Afterword: Why Hegel is a Lacanian
Glossary
Index
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR