『福音と世界』より

『福音と世界』(2014.4)が届きました。

 まず、特集から紹介します。
 今回は「神のことば? 聖書を神学する」で、次の論考が収録されています。
・「現代において旧約聖書を「神の言葉」として読む」(小友聡)
・「ユダヤ教聖書解釈についての一考察」(大澤耕史)
・「ルターと聖書から考える「神のことば」」(安田真由子)
・「カール・バルトの洞察」(福嶋揚)

 この「特集」も、1月号から開始された現代の状況において、神学自体を問い直し新に構想するという大きな企画(新教出版社創立70年記念)に基づいたものであるが、「聖書」は確かに現代のキリスト教思想の問題状況の核心に位置するものである。聖書とその読解・解釈という問いに答えることなしに、キリスト教思想の方法論の再構築は不可能である。それだけに難問である。
 1月号以降の「特集」には、若手を意識し多様な研究領域の論者に執筆を依頼するという意欲を感じられるが、議論がその場その場で拡散するのではなく、一年を通して見たときに、いくつかの議論が相互に結び付いて線(あるいはネットワーク)が見出されるところまで展開されるかに注目したい。言い放し、同じことを相互に意識せずに反復するだけ、といった言語空間を超えることができるか。参加する者の意識・自覚しだいなのかもしれないが、一方では編集者の腕の見せ所であろう。

 書評としては、70年記念企画の「70年の名著」で、ブルーダー『嵐の中の教会』(朝岡勝)、カルヴァン『キリスト教綱要』(牧田吉和)が扱われたほかに、並木浩一『批評としての旧約学』を飯郷友康さんが書評している。

 連載としては、新連載が二つ始まったほか、従来の連載も継続中。
・「中国教会通信2」「今なぜ「中国教会」なのか?」(松谷曄介)
・「カール・バルト『教会教義学』の世界4」「神のついて(上)」(寺園喜基)
・「大正・昭和のキリスト教史の周辺9」「伝統した女性たち」(太田愛人)
・「旅する教会─再洗礼派と宗教改革13」「再洗礼派運動と都市」(高津秀之)
  「宗教戦争の時代のノアの方舟ともいうべき「旅する教会」は、放浪する説教師の指導のもと、広大かつ柔軟な信者たちのネットワークに支えられて、幾多の迫害と困難を乗り越え、終には新大陸にまで達するだろう。この旅路を切り拓くのは、農村の再洗礼派ととおに、あるいはもしかしたらそれ以上に、ケルンのような都市の再洗礼派の姿を受け継ぐ者たちなのだ。」(63)
 日本で言えば、公界と公界往来人であろうか。

 わたくしが注目するのは、もう一つの連載である「自民党改憲草案を読む12」「進行する「解釈改憲」」(横田耕一)である。今回が最終回で、通常の二倍の頁(といっても、4頁)。
 現在の日本政治の争点である集団的自衛権問題は、まさに「解釈改憲」の行き着いたものである。今回は、この「解釈改憲」の歴史を辿った上で、まず、「裁判所は」「「統治機構」に関する事例では、司法審査の回避や「訴えの利益」の否定を理由に、ほとんど抑制的機能を果たせない」ことが指摘される。そして、「そうであれば、「解釈改憲」を阻止する手段は選挙や大衆行動等で示される国民の世論しかない」ということになる。
 世論、ここに最大の問題がある、メルトダウンしたマスコミ、自治を否定され続け今や息の根を止められようとしている大学自治、偏向し疲弊した教育現場、労働運動・公務員バッシング、蔓延するヘイトスピーチ、こうした中で、世論を喚起する・形成するということがいかにして可能なのか。これがキリスト教会が置かれた(あるいは遣わされた)日本の現実である。聖書的なキリスト教は、こうした現実にもかかわらず、神への信頼の故に世論への希望を失わない、ということであろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR