キリスト教と地域社会、音楽の力

  キリスト新聞で紹介された、「「教会と地域福祉」フォーラム21」などの動向が示すように、日本のキリスト教界では、「地域」との関わりに対する意識が高まりつつあるように思われる。これまでのキリスト教界に欠落していた視点であり、キリスト教と地域社会が「宗教と文化」問題群に属することを考えれば、この視点の欠落は、キリスト教と文化との関わりにおける欠陥を意味しているとも言えよう。

 もちろん、個々の教会レベルでは、さまざまな努力・模索がなされてきた。その中でも、持続的な取り組みが行われている実例として、音楽を通じた地域との関わり、チャペルコンサートを挙げることができるであろう。(もちろん、目に見える画期的な効果が実感できているかは別問題である。)
 わたくしが所属している奈良高畑教会(日本基督教団)でも、今年で18回目を迎えるチャペルコンサートが、5月18日に予定されている。昨年に続き、今回も女性の讃美歌歌手の出演である。

日時:5月18日(日)午後1時~2時30分
場所:奈良高畑教会(Tel: 0742-22-4066、narataka@gc4.so-net.ne.jp。アクセスは教会HP参照)
出演:安田美穂子(ヴォーカリスト)
曲目:花は咲く、球根の中には(讃美歌21:575)、となりのトトロ~さんぽ、ディズニーメドレー ほか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR