久々に、良いニュース!

 良いニュースとはキリスト教的に言えば、「福音」そのものであるわけだが、最近の日本では、特に人権をめぐり暗いニュースが多すぎた。その点で、久々に、良いニュースである。

 神戸新聞NEXTによれば、「朝鮮学校への補助金は適法 神戸地裁で判決」とのことである。

「東裁判長は「教育課程や運動、文化面をみても、日本の小中高校と同様の活動」と指摘し、「公認の教育施設として行政による規制や監督の下に置かれており、他の外国人学校と同等に扱ってはならないという事情はない」と述べた。」

 当然の判決ではあるが、まったく同感である。5月12日は、京都地裁での不払い賃金請求訴訟の第5回口頭弁論であるが、裁判は公正に進められることを期待したい。関心のある人は、ぜひ京都地裁で傍聴ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR