第二バチカン公会議の意義

 第二バチカン公会議については、ローマ・カトリック教会は、教派を超えてその決定的な意義については、認識が共有されているものと思われる。それは、世俗世界との関わりから宗教的多元性の問題まで広範に及んでおり、新しい時代に対するキリスト教のあり方に大きな影響を及ぼしている。

 今回紹介するのは、雑誌「現代神学」(Modern Theology, Blackwell)のVol.29, Issue 4, October,2013における特集である。 この雑誌は、京都大学キリスト教学でも研究室の研究費によって購入しているものの一つであり(冊子体と電子版の双方)、わたくしの研究との関連で参照することが多いものである。

David F. Ford and Frances Clemson (eds.),
Interreligious Reading After Vatican II: Scriptural Reasoning, Comparative Theology and Receptive Ecumenism,
Wiley Blackwell, 2013.

Articles
・Introduction --- Interreligious Reading After Vatican II: Scriptural Reasoning, Comparative Theology and Receptive Ecumenism (David F. Ford)
・Opening up a Dialogue: Dei Verbum and the Religions (Michael Barnes, SJ)
・Deep Reasonings: Sources Chretiennnes, Ressourcement, and the Logic of Scripture in the years before --- and after --- Vatican II (Kevin L. Hughes)
・Catholic Reasoning and Reading Across Traditions (David Dault)
・An Analogical Reading of Christian Prophecy: The Case of Muhammad (Anna Bonta Moreland)
・Families of Receptive Theological Learning: Scriptural Reasoning, Comparative Theology, and Receptive Ecumenism (Paul D.. Murray)
・Scriptural Reasoning and the Legacy of Vatican II: Their Mutual Engagement and Significance (David F. Ford)
・Scriptural Reasoning and the Discipline of Christian Doctrine (Mike Higton)
・Interreligious Reading in the Context of Dialogue: When Interreligious Reading "Fails" (Tracy Sayuki Tiemeier)
・Long-Term Disagreement: Philosophical Models in Scriptural Reasoning and Receptive Ecumenism (Nicholas Adams)
・In the Balance: Interior and Shared Acts of Reading (Francis X. Clooney. SJ)
・A Good Word is as a Good Tree: A Muslim Response to the Interfaith Challenges of Vatican II (Maria Massi Dakake)
・Re-socializing Scholars of Religious, Theological, and Theo-Philosophical Inquiry (Peter Ochs)

Index
Contributors Bios
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR