「キリスト教と経済」の問題領域の広がり

 キリスト教と経済との関係、キリスト教的経済理論、経済神学は、近年、特にリーマンショック以降、注目を集めている研究分野であり(もちろん、こうしたテーマへの関心はそれなりの歴史を有しているが)、政治神学やキリスト教的環境論との関連からも重要性を増しつつある。そして、本ブログの中心テーマにほかならない。
 すでに関連領域を含め、議論は多岐にわたっており、その全体像を理解するのは容易ではない。こうした点から便利なのが、便覧あるいは手引きと名付けられた論集であり、「キリスト教と経済」についても、すでに便覧が刊行されている(600頁を超える分量であるが)。

Paul Oslington (ed.),
The Oxford Handbook of Christianity and Economics,
Oxford University Press, 2014.

List of Contributors
Introduction (Paul Oslington)

Part I Historical Relationships between Economics and Christian Theology
1. Economics in the Christian Scriptures (M. Douglas Meeks)
2. Economics in the Church Fathers (Hennie Stander)
3. Voluntary Exchange and Coercion in Scholastic Economics (Odd Langholm)
4. Economics and Theology in Italy since the Eighteenth Century (Luigino Bruni and Stefano Zamagni)
5. From the Foundation of Liberal Political Economy yo its Critique: Theology and Economics in France in the Eighteenth and Nineteenth Centuries (Gilbert Faccarello)
6. Theology and the Rise of Political Economy in Britain in the Eighteenth and Nineteenth Centuries (A.M.C.Waterman)
7. Economics and Theology in Europe from the Nineteenth Century: From the Early Nineteenth Century's Christian Political Economy to Modern Catholic Social Doctrine (Pedro Teixeira and António Almodovar)
8. Economics and Theology after the Separation (Ross B. Emmett)

Part II Contemporary Theological Economics
9. Roman Catholic Economics (Andrew Yuengert)
10. Anglicanism (Kim Hawtrey)
11. Eastern Orthodoxy's Theology of Economics (Daniel P. Payne)
12. Reformed Christian Economics (Bob Goudzwaard and Roel Jongeneel)
13. Theonomy and Economic Institutions (Edd Noell)
14. Anabaptist Approaches to Economics (James Halteman)
15. Pentecostal Approaches to Economics (Shane Clifton)
16. Interface and Integration in Christian Economics (J. David Richardson)

Part III Christianity, Capitalism, and Development
17. Weber, Theology, and Economics (Max L. Stackhouse)
18. Economic Religion and Environmental Religion (Robert H. Nelson)
19. Christianity and the Prospects for Development in the Global South (Peter S. Heslam)
20. Faith, Religion, and International Development (Katherine Marshall)
21. Christianity and the Global Economic Order (Paul S. Williams)

Part IV Economic Analysis of Religion
22. Economic Models of Churches (Robert Mochrie)
23. The Economics of Religious Schism and Switching (T. Randolph Beard, Robert B. Ekelund,Jr., George S. Ford, and Robert D. Tollison)
24. Spiritual Order (Theodore Roosevelt Malloch)
25. Religious Labor Markets (Ian Smith)
26. Regulation of Religious Markets (Charles M. North)
27. BEhavioral Economics of Religion (Jonathan H. Tan)

Part V Interdisciplinary Exchanges
28. Economic Justice (Albino Barrera)
29. Happiness (Ben Cooper)
30. Usury (Ian Happer and Lanchlan Smirl)
31. Human Nature, Identity, and Motivation (Gordon Menzies and Donald Hay)
32. Gender (Carrie A. Miles)
33. Poverty (Craig M. Gay)

Index




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LogosOffice

Author:LogosOffice
 これまで本ブログは、2013年度より2015年度まで科学研究費の交付(代表者・芦名定道)を受けて行われた研究を中心に、キリスト教思想研究に関わる情報を発信してきました。しかし、2016年度からの新しい研究プロジェクトに関連した事柄は、主に別のブログで取り扱うことにし、本ブログでは、これ以外の記事について継続的に内容を更新します(新しい科研に関するものも、記事の継続性の観点から一部はこちらでも扱います)。
 なお、本ブログにもしばしばコメントが寄せられますが、多忙のため、原則として応答その他の取り扱いはいたしません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR